Episode 2 赤門 愛 30歳 狸坂46が離婚の原因?

みなさんこんにちは、赤門 愛と申します。突然ですが私、夫と離婚しましたあ!とりあえず、栃木県の片田舎にある実家に帰ってまいりました。でもどりー!

あっ、いきなり失礼しました。一人娘の結菜はまだ3歳になったばかり、これからのことを考えるとどうしようかと憂鬱な気分です。

それは半年前のこと、東京の渋谷でIT企業を経営していた夫がアイドルグループ「狸坂46」のセンターで最近卒業を発表した、よくワイドショーなんかにも出ているお姉さんとお泊り旅行に行ったことが発覚、テレビで報道されて、当時住んでいた六本木のタワーマンションにはテレビ局のレポーターが大勢やってきてもう大変なことになったんです。その夜、このメス狸が部屋までやってきて夫と別れてくれと大騒ぎ、修羅場となった翌日今度はメス狸の所属事務所の弁護士と名乗る男が現れてご主人を訴えますだって、当の本人は海外に出張っていうか逃げちゃったんでなんであたしがこんな目に合わなきゃなんないのよ!と頭にきて離婚届書いて実家に戻って来ちゃったんです。

それから重蔵じいちゃんが「あの野郎、だからおれは結婚にあれほど反対したんじゃねえか、お前のとうちゃんが金につられて結婚を許したからこんなことになったんじゃねーか。おい久美子、浩はどこだ、ここに連れてこい、叩きのめしてやるぞ」と普段から気の合わない娘久美子の夫、浩のことをさんざんののしった挙句、「この際、浩とも別れてくれ」と話が別の方向に向かうのをなだめる久美子、「まあ、あの人にも少しはいいところがあるから、っていうか今は愛の旦那の話でしょ」「ああ、そうだった。よし、俺にまかせておけ、あいつに後悔させてやる」と物騒なことを言うと寝室にこもり何やら電話で誰かと話していた翌朝、「おい愛、片付いたぞ。もう大丈夫だ」

数日後、夫の弁護士名義で届いた印鑑が押された離婚届と謝罪文、「おじいちゃん、いったいどんな手を使ったの?」と愛が母、久美子に尋ねると、「おじいちゃんの勤めていた郵便局の局長さんがゆうちょ銀行の会長になっていて、そこから融資を受けていた彼の会社への融資をストップさせたんだって。そしたら会社倒産しそうになっちゃって、会長に土下座して詫びをいれたんだって、おじいちゃん郵便局で人気があったからねえ、さすがよねえ、あの局長さん、よく家に遊びにきてたわよねえ、おじいちゃんの一番の子分だったわねえ、郵便局では上司だったけど。私も小さい頃よく遊んでもらったわ。」

このお話はフィクションです。

こちらの姉妹サイトもお楽しみください。

日本の食卓

お米やお肉などの情報をお届けします。

RED DOORS DESIGN

いいデザインに囲まれた暮らしとは?

Red Doors Japan

日本酒や焼酎などの情報をお届けします。


タイトルとURLをコピーしました