リーバイス501、アメリカンカルチャーの文化遺産の数々、危機一髪!7つのルイヴィトンのトランクにも落書きが

赤門家の蔵

大掃除を始めて3日間

とりあえずこのくらいでいいか、と

蔵にあったものをあらためてみると

ルイヴィトンのトランク7個、中身は衣料品や生活雑貨

トランクには重蔵と金蔵が子供の頃の落書きがあって

相合傘に「重蔵、かずちゃん♡」「金蔵、かずちゃん♡」

それを見て娘の久美子はぞっとしましたが黙っていました。

「これさえなければ、このヴィトンいくらで売れると思ってんのよ!」

もちろん重蔵の妻、和子には見られないように隠していたのは言うまでもありません。

かずちゃんとは、重蔵と金蔵が行きつけの「居酒屋かずちゃん」のかずちゃんで

妻の和子ではないのは間違いなかったからです。

当時、和子という名前は大変人気でしたので

学校に行くと「かずちゃんおはよう」「おはようかずちゃん」

「あっ、かずちゃん今日一緒にお弁当食べよう」

「かずちゃん鉛筆かしてちょうだい」

かずちゃんだらけでした。

トランクの他にはアメリカ製の家具やラジオ、蓄音機、レコード、額に入った絵、楽器、ブリキのおもちゃ、雑誌、新聞、店の看板、ネオンサイン、アウトドアグッズ、特に釣り用品やキャンプ道具等

どうやら重蔵の曽祖父、重兵衛がアメリカから持ち帰ったもののようです。

久美子が反応したルイヴィトン以外には赤門家の誰一人として、そのコレクションの価値がわかるものがいませんでした。

「なんか大したもの、なかったな、大判、小判も出てこなかったし」

「焼き物とか掛け軸とか、刀とか鎧兜とか想像してたんだけどな」

「こんなもんいらねえから来週まとめてゴミの日に出しちゃおう」

「そうねえ」

マニアがよだれをたらしそうなアメリカンヴィンテージ、アメリカ文化の象徴の数々、宝物

「ゴミの日に出しちゃおう」

この恐ろしい一言

まさに危機一髪!

「ちょっとまって、なんか気になるから編集長に見せてからにしようよ」

愛のこの一言が貴重な文化遺産、時価総額数億円の消滅を食い止めることになるとは思いもよらない重蔵

「まあいいか、このジーパンでも履いてみるか」と

初期のリーバイス、ベルトループのなかった時代の貴重な一本

「よいしょ」っとその場で履き替え

「こりゃあ具合がいいなあ、畑仕事する時にちょうどよさそうだ、そうだ金蔵にも何本か持って行ってやろう、近所にも配ってくるか」と、オークションで1本100万円にもなるオリジナルリーバイス、またしても危機一髪です。

続く

■このサイトの説明、登場人物はこちらからどうぞ→


プライムイングリッシュ

NURO 光




投稿者: akamon80

ヨーロッパ、日本の有名アパレルブランドと長年仕事をし、優れたデザイナー、クリエイターと交流してきた著者が、赤門家の日常生活を描きながら、通販で買える優れたこだわり商品を紹介していきます。

“リーバイス501、アメリカンカルチャーの文化遺産の数々、危機一髪!7つのルイヴィトンのトランクにも落書きが” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。