田舎暮らしでは車が必需品 赤門重蔵が車を選ぶ Fiat500/Citroen 2cv/Mini/トヨタカローラ

今日も行きつけの飲み屋、居酒屋かずちゃんで酒を飲む重蔵

「なあ、かずちゃん、実は昨日婿の浩を殴っちまった」

「まあ、またやったの!今度はなんで?」

「あの野郎が俺の車を勝手に処分して、新しい車にしやがったからさあ」

「重ちゃんの車、ずいぶん古くなったからねえ」とかずちゃん

「確かにいろんなところが壊れてきてるんだが」

「だけどねえかずちゃん、あれは俺が郵便局をやめた時の退職金で買った大事なもんで、

想い出がつまっているからさ、ずっと乗ろうと決めてたんだよ」

酔っぱらうと涙もろくなる重蔵、すでに目が充血してきています。

「それをあの野郎、勝手なことをしやがって、気に食わねえ」

「でも新しい車、いいんでしょ」

「いや、あいつは売っちまって、前のを取り戻してやった」

その後、かずちゃんにさんざん説教された重蔵

ちょっとは反省したらしく

酔いつぶれる前に家に帰り

家族一同を集めて

「やっぱりこんな田舎に住んでいると車がないと不便だろう

みんなに車買っといてやるぞ」

あっけにとられる家族をしり目に

「おい愛、パソコン借りるぞ」と

最近覚えたネット検索を始めると

カローラと打ち込み

「おおっ、さすがカローラ、いろんな形があるじゃねーか」

「和子と久美子は1台でいいからこの丸っこいの」

「愛と結衣はこのちっこいの」

「浩にもしょうがないからこれでいいか」

注文しちゃいました。

本人はトヨタカローラの派生車種を注文したつもりですが

実は

愛がそれまで開いていたのは翻訳サイト

愛は語学を勉強中でした。

そこに重蔵、カローラと入力

酔っているうえ、極度の老眼

よく見えません。

しかも、そのサイト

悪名高き迷惑翻訳サイト、Black Doors翻訳といって

翻訳したい言葉を、相手の検索履歴を見て、本来の意味とは違う

ちょっと先読み、トレンドに敏感、みたいな言葉に変えちゃう

迷惑サイト

重蔵がフランス語を選択し

カローラと入れると

シトロエン2cv

イタリア語を選択すると

フィアット500

英語だと

ミニ

つまり、この迷惑翻訳サイト

日本の大衆車、カローラを

それぞれの国に当てはめるとこんな車だよ、と

勝手に変換しちゃうのでした。

このサイトを作ったのは、ITベンチャー企業を経営する愛の元夫

当然、会社が傾いて、別会社の傘下に

そして夫に愛想をつかした愛、

離婚することになりました。

離婚のときに慰謝料としてもらったのは

クレジットカード1枚

ハローキティーカードで

車3台お買い上げとなりました。

続く

■このサイトの説明、登場人物はこちらからどうぞ→

素敵なプレゼントあり【ハローキティカード】はこちら






投稿者: akamon80

ヨーロッパ、日本の有名アパレルブランドと長年仕事をし、優れたデザイナー、クリエイターと交流してきた著者が、赤門家の日常生活を描きながら、通販で買える優れたこだわり商品を紹介していきます。