赤門重蔵 車を選ぶ フランスの国民車 シトロエン2CVが田舎暮らしの和子と久美子のお買い物車に

ミニクーパーが納車になった翌日

ピンポーン

玄関のチャイムが鳴らされ

「まいどーっ、ヴィンテージカー専門店、ガレージレッドドアーズでーす」

ドアを開けると、またも満面の笑みを浮かべる営業マン

「シトロエン2CV、お届けにまいりましたあーっ」

重蔵が和子と久美子のお買い物用として選んだ車

1987年式最後のフランス製2CV、色は赤

フランスの国民車として1948年から1990年まで生産された名車

開発コンセプトは「傘にタイヤをつける」

それまでフランスの田舎の農家の人が使う道具としての車がなかったので

価格の安い農民車を作ろう!とシトロエンの皆さん

50キロのジャガイモ、あるいは樽が運べて

3リットルのガソリンで100キロ走れる

そして、荒れた農地をカゴ一杯の生みたての卵を積んで

割らずに走れるほどの乗り心地の良さを実現

当時、無理無理と言われながらもやってのけ

醜いアヒルの子、ブリキの缶詰など

最初はその奇抜なデザインを嘲笑されてもめげずに作り続け

ついには世界的ロングセラーカー、フランス文化を象徴する

アイコンの1つにまでなったのでした。

重蔵、まさかこんな名車だとは知るはずもなく

2CVの2が

皇太子徳仁親王妃雅子様の旧名

小和田雅子様が独身時代に乗っていた

カローラⅡだと思い込んで

これがいい、と

注文したのでした。

真っ赤な2CV

重蔵と和子はその奇抜なデザインにびっくり

「さすがカローラ、モダンだな、でも雅子様の乗っていたのと違う気がするが」

「まあ、いいか」

冷や汗の出る重蔵

ところが久美子

美術大学卒業のフランス好き

車のことは詳しくありませんが

卒業旅行で行ったパリで、まだ当時たくさん走っていた2CV

フランス映画に登場する2CV

憧れの車だったのです。

勘違いした重蔵に感謝する

久美子です。

続く

2CVはこんな車です。動画をご覧ください。


このサイトの人気コンテンツをご紹介します。

■赤門愛がセレクトする日本全国のお土産、グルメ、スイーツ、名産品 楽天版→ 

■赤門愛がセレクトする日本全国のお土産、グルメ、スイーツ、名産品 Amazon版→

■赤門マリアがセレクトする世界のグルメ、名産品、カルチャー→

■やっぱりスイーツが好き!人気スイーツランキング

■日本の水はおいしい! 全国の人気飲料水ランキング 楽天版→

■日本の水はおいしい!全国の人気飲料水ランキング Amazon版→

■赤門和子がセレクトする日本の調味料 楽天版→

■赤門和子がセレクトする日本の調味料 Amazon版→

■通販で旅するインテリアの世界→

■楽天でお得なふるさと納税 日本全国 お礼の品 返礼品 お勧めランキング→ 

■通販で買える草間彌生グッズ

■このサイト、赤門重蔵 赤門家の通販生活の説明、登場人物はこちらからどうぞ→


投稿者: akamon80

ヨーロッパ、日本の有名アパレルブランドと長年仕事をし、優れたデザイナー、クリエイターと交流してきた著者が、赤門家の日常生活を描きながら、通販で買える優れたこだわり商品を紹介していきます。

“赤門重蔵 車を選ぶ フランスの国民車 シトロエン2CVが田舎暮らしの和子と久美子のお買い物車に” への 2 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。