スタイリスト、バイヤー、キュレーターでもある著者が、赤門重蔵とその家族という仮想の家族(ちょっと田舎に住む普通の家族)を通して、通販で購入することの出来る様々な商品を紹介していきます。美味しい食べ物、グルメ、お店などの口コミも!

赤門重蔵 赤門家の通販生活 by Red Doors

広告




スタイリスト 森山銀次の通販生活 赤門家の通販生活

赤門家の通販生活 Episode 8 スタイリスト 森山 銀次 素敵よ、銀ちゃん!

更新日:

赤門家の通販生活 Episode 8 スタイリスト 森山銀次

赤門愛の友人、ファッション雑誌のスタイリスト兼ライターの森山銀次

感性が豊かで、とんがっていて、かわいくて、情が深くて、涙もろくて、乙女で、傷つきやすくて、残酷で、優しくて、意地悪で、とってもキュート。時々興奮して感情のコントロールが効かなくなって壊れてしまうことがあるんですが、そんな彼が愛は大好きです。

銀次はゲイですから愛にとっては恋愛関係は成立しません。兄であり弟であり姉であり妹でもある感じ。一緒にいる時間はいつもエキサイティング!特別なものになるんです。

銀次は愛が知らなかった様々なものを教えてくれます。ファッション、インテリア、デザイン、建築、映画、音楽、アートetc

世界中を旅する銀次、日本ではゲイであることで、つらい思いをすることが多かったそうですが、世界のクリエイティブな人たちと仕事をするようになって、

「今日はパリコレ、メンズの取材 いやあ、素敵!会場内みんなゲイだし!」

「今日はミラノコレクション、メンズ あれえ、いやだ、きれい!みんなゲイだし」

「かっこいい人、みんなゲイだし」

「いい匂いする人、みんなゲイだし」

「デザイナー、みんなゲイだし」

「クリエイティブディレクター、みんなゲイだし」

「ファッションショーの期間、街中みんなゲイだし」

「もう、パラダイス!♡」

イキイキと働く銀次

ゲイカルチャーの発展に貢献することを生きがいにして

今日も頑張っている姿

素敵よ、銀ちゃん!

スタイリスト 森山銀次の通販生活

スタイリスト 森山銀次の通販生活はこちら

赤門重蔵 赤門家の通販生活へようこそ

栃木県のとある田舎町に暮らす赤門家の人たち、周りから見ればごく普通の家族に見えますが、実は!
ネット通販を利用するようになってむき出しになった人間の本能と欲望、そして家族愛!
それでは赤門家にまつわるこちらのお話、みなさまどうぞお楽しみくださいませ!

Episode 1 赤門 重蔵 80歳

Episode 2 赤門 愛 30歳

Episode 3 赤門 久美子 55歳

Episode 4 赤門 和子 77歳

Episode 5 赤門 浩 55歳

Episode 6 赤門 マリア 30歳

Episode 7 赤門 豊 53歳

Episode 8 スタイリスト 森山 銀次

Episode 9 カリスマ編集長 村山 小路


広告

-スタイリスト 森山銀次の通販生活, 赤門家の通販生活

Copyright© 赤門重蔵 赤門家の通販生活 by Red Doors , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.