スタイリスト、バイヤー、シンガーソングライターでもある著者、レッドドアーズのブログです。ファッション、旅、グルメ、スイーツ、音楽、アート、住まい、インテリア、車、日常生活等をテーマに独自の視点やユーモアを交えて皆様のお役に立ちそうな情報をお届けします。

開け、赤門!赤門重蔵と赤門家の通販生活 by Red Doors

広告




赤門久美子 55歳 ファッション・バッグ・アクセサリー・ブランド 開け、赤門!赤門重蔵と赤門家の通販生活 by Red Doors

このトランク、ルイヴィトンじゃない?7つの宝箱を前にして

更新日:

「このトランク、ルイヴィトンじゃない?」

赤門家の蔵の中央に積み上げた巨大なトランク7つ

薄暗い上に布がかぶせてあったので

最初久美子は気づかなかったのですが

中に詰めてあったリーバイスを見ようと近づいた時

例の有名なモノグラム柄がはっきりと見えたわけです。

「なんだそりゃあ」

「フランスの有名なバッグメーカーよ、昔お金持ちが世界を船で旅する時にこんな大きなトランクに衣装をたくさん入れて運んだんだって、あたしも若い頃はお給料全部つぎ込んでヴィトンのバッグ買ったなあ」

過去の自分、全盛時代を思い出して遠いところを見つめる久美子

バブル世代であります。

呆れた顔で見つめる家族の視線にようやく気が付くと

「なんでこんなすごいものがうちにあるのよ」

「蔵に入ったの、たぶん生まれて初めてだし」

重蔵、トランクが蔵にあったことは知っていましたがこんな貴重なものとは知りません。

「小さい頃よく落書きした」

その発言に久美子、冷や汗が出ています。

「これ、ものすごい骨董価値だと思う」

「落書きがなければ」

久美子に言われて今度は重蔵が冷や汗

「おれのひいおじいちゃんのものだと聞いたことがある」

「重兵衛といって、なんでも昔アメリカにしょっちゅう商売しに行っていたとか」

「最後は行方不明になったそうだが」

*ちなみにどんなトランクか、こちらの動画でご覧ください

ひいおじいちゃんのことより

重蔵の落書きが気になって仕方がない久美子です。

続く

このサイトの人気コンテンツをご紹介します。

■赤門愛がセレクトする日本全国のお土産、グルメ、スイーツ、名産品

■やっぱりスイーツが好き!人気スイーツランキング

■日本の水はおいしい! 全国の人気飲料水ランキング

■赤門和子がセレクトする日本の調味料

■通販で旅するインテリアの世界

■通販で買える草間彌生グッズ

■このサイト、赤門重蔵 赤門家の通販生活の説明、登場人物

赤門重蔵 赤門家の通販生活へようこそ

栃木県のとある田舎町に暮らす赤門家の人たち、周りから見ればごく普通の家族に見えますが、実は!
ネット通販を利用するようになってむき出しになった人間の本能と欲望、そして家族愛!
それでは赤門家にまつわるこちらのお話、みなさまどうぞお楽しみくださいませ!

Episode 1 赤門 重蔵 80歳

Episode 2 赤門 愛 30歳

Episode 3 赤門 久美子 55歳

Episode 4 赤門 和子 77歳

Episode 5 赤門 浩 55歳

Episode 6 赤門 マリア 30歳

Episode 7 赤門 豊 53歳

Episode 8 スタイリスト 森山 銀次

Episode 9 カリスマ編集長 村山 小路


広告

-赤門久美子 55歳, ファッション・バッグ・アクセサリー・ブランド, 開け、赤門!赤門重蔵と赤門家の通販生活 by Red Doors

Copyright© 開け、赤門!赤門重蔵と赤門家の通販生活 by Red Doors , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.