座れるカバン!ゼロハリバートンのアタッシュケース 長距離通勤の必需品 ビジネスバッグ

赤門浩55歳

都会の会社まで片道2時間かけて通う普通のサラリーマン

赤門家の家族構成はこちら

以前は最寄りの駅から座って行けたのですが

最近は開発が進み、新しい住宅街がどんどんできて

プロヴァンス風の建売住宅、オリーブの木、バラのガーデン等

ここは一体どこなんだろう、フランスかイギリスか

いや、このわけのわからないところが日本なのだ

妙に納得しつつ、電車が混んでしまい、たびたび座れないことのある浩

体はくたくたで、会社に行くのがつらい毎日です。

ある日

いつものように電車で帰宅中

ミュージシャンらしき若者

ギターを持っています。

アルミのケースのようなものに座って

音楽を聴いています。

閃いた浩

ネットで検索します。

「ゼロハリバートン、アタッシュケース」

座れるカバンがあったじゃないか、と興奮して

即注文

これです。

月の石を運んだことで、伝説のアメリカンブランドになったゼロハリバートン

丈夫なことでも有名です。

ゼロハリバートンのホームページはこちら

まさか

浩の体を運ぶことになるとは

夢にも思わなかったでしょう。

続く
ゼロハリバートンのアタッシュケースをAmazonで検索
楽天で検索



投稿者: akamon80

ヨーロッパ、日本の有名アパレルブランドと長年仕事をし、優れたデザイナー、クリエイターと交流してきた著者が、赤門家の日常生活を描きながら、通販で買える優れたこだわり商品を紹介していきます。