栃木市はこんなに素敵!栃木県栃木市の人気観光スポット 名所 名物 名店 グルメ お土産 ギフト 栃木市の魅力

スポンサーリンク
アジサイ

栃木市歴史的町並み景観形成地区(蔵の街)、蔵の街大通り、太平山、三毳山、とちぎ江戸料理、じゃがいも入り栃木焼きそば、出流そば、夕顔ラーメン..

こちらでは栃木県栃木市の名所、人気の観光スポット、パワースポット、有名なもの、有名人、名物、特産品、名産品、お土産、高級な手土産、ギフト、ブランド品、通販でお取り寄せ出来るご当地グルメ、美味しいもの、銘菓、和菓子、洋菓子、スイーツ、名店、ランチにおすすめのお店、レストラン、カフェ、パン屋等、栃木市のお役立ち情報、特徴、魅力を動画、画像とともにご紹介します。

イギーくん
イギーくん

ねえねえボンゾくん、こんど栃木県の栃木市に行くんだけど、どんな特徴や魅力があるところなのかなあ?栃木市についていろいろ教えてよ!特に美味しいものが知りたいなあ!

ボンゾくん
ボンゾくん

栃木市には素敵なところや有名なもの、美味しいものがたくさんあるよ!栃木市歴史的町並み景観形成地区(蔵の街)、蔵の街大通り、太平山、三毳山、とちぎ江戸料理、じゃがいも入り栃木焼きそば、出流そば、夕顔ラーメンなんかがおすすめだね。それじゃあイギーくんと一緒に栃木市のこと、詳しく調べてみようね!

栃木市について

栃木市の特徴、地勢、交通

栃木市は、旧石器時代の石器や縄文時代の集落跡が見つかるなど、古くから人が住む地域であり、律令時代には、現在の栃木県域とほぼ同じ下野国の国府が置かれるとともに、東山道が敷かれ政治や交通の要衝でした。また、この時代に「岩船山」は開山され、現在も霊場として広く信仰を集めています。江戸時代には、「日光例幣使街道」が通り、富田宿、栃木宿、合戦場宿、金崎宿の宿場が置かれ、現在のまちの基礎を築きました。また、江戸後期以降は、渡良瀬川と巴波川を利用した舟運による物資の集積地として発展し、その歴史の面影が藤岡町部屋地区の河岸、栃木市中心部の蔵の街並みとして残されています。

都心から少しだけ足をのばせば、そこには雄大な自然、本物の自然に出会えます。関東平野を一望できる「太平山」、ラムサール条約登録湿地である「渡良瀬遊水地」、万葉集に歌われる「三毳山」などがあげられます。また、栃木地域の発展に大きな役割をはたしてきた巴波川が市街地内を南北に流れます。そして、1年を通して市内各所で見られる花々、日常から解き放たれた癒しを求めてはいかがでしょうか。

明治時代には、栃木県の県庁所在地となり、明治後期から大正時代にかけて、周辺の河川の治水を目的に渡良瀬遊水地が整備されますが、その際にも谷中村が廃村となるなど、数々の歴史の舞台となりました。明治・大正・昭和のレトロな建築物も数多く残り、歴史に思いを馳せながら、のんびり散策するのにピッタリな街です。

栃木市は、平成22年(2010年)3月29日に、栃木市・大平町・藤岡町・都賀町の1市3町が合併して誕生しました。
平成23年(2011年)10月1日には、西方町と合併し、平成26年(2014年)4月5日に、栃木市と岩舟町が合併しました。

栃木市は、栃木県の南部に位置し、東京から鉄道でも、高速道路でも約1時間の距離にあります。

南北約33.1km、東西約22.3km、面積331.50km2で、壬生町、小山市、野木町、佐野市、鹿沼市などに接しており、また、茨城、栃木、群馬、埼玉の4県の県境が接する稀有な地域でもあります。

地勢としては、新市の西に「三毳山(みかもやま)」と「岩船山(いわふねさん)」、中央には「太平山(おおひらさん)」を中心とする太平山県立自然公園が広がり、南にはラムサール条約登録地である「渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)」など県南のシンボル的な自然景観を有しています。

さらには「渡良瀬川(わたらせがわ)」、「思川(おもいがわ)」、「巴波川(うずまがわ)」、「永野川(ながのがわ)」「三杉川(みすぎがわ)」などの豊かな河川が新市域を流れています。また、北東部から南東部にかけては関東平野に連なる平坦地が広がり、県内有数の農業地帯でもあります。

交通

南北には東北縦貫自動車道に、佐野藤岡IC、栃木IC、都賀西方スマートICを有し、東西には北関東自動車道が通り、都賀ICを有しています。この2つの高速道路を、群馬方面からは岩舟ジャンクション、茨城方面からは栃木都賀ジャンクションが結び、物流の効率化や地域経済の発展に貢献する交通の要の地域であると言えます。

また、南部には、群馬、栃木、茨城を結ぶ一般国道50号が東西に通り、北部には一般国道293号線が通るなど、県内外とのアクセス性に優れた道路網を形成しています。

地域間を結ぶ主な道路としては、南北に主要地方道栃木・藤岡線、一般県道栃木環状線、主要地方道宇都宮・亀和田・栃木線(例幣使街道)、東西に主要地方道桐生岩舟線及び岩舟小山線(旧国道50号)があります。近隣自治体などとの広域的なアクセス性の向上として、都市計画道路小山・栃木・都賀線の早期開通が望まれます。

公共交通では、東武日光線、東武宇都宮線、JR両毛線の3路線、12駅があり、市内や近隣自治体への通勤通学の足として、また、東京・埼玉方面への交通手段として充実した鉄道網となっています。

出典 栃木市観光振興課公式サイト 栃木市公式サイト

栃木市歴史的町並み景観形成地区(蔵の街)

 

この投稿をInstagramで見る

 

たかひろ(@taka.29da)がシェアした投稿

栃木市歴史的町並み景観形成地区(蔵の街)の特徴

栃木市では、歴史的町並み景観形成要綱において、旧日光例幣使街道及び巴波川周辺の約48haを「栃木市歴史的町並み景観形成地区」に指定し、歴史的な町並みづくりを行っています。

出典 栃木市公式サイト

所在地:栃木県栃木市蔵の街大通り、巴波川周辺、嘉右衛門町地区周辺など

地図↓

蔵の街大通り

蔵の街大通りの特徴

栃木市は江戸時代から日光例幣使街道の宿場町として、また、江戸との舟運で栄えた問屋町として北関東の商都と呼ばれていました。今も街なかを流れる巴波川の岸辺や市中心部を通る蔵の街大通りには、黒塗りの重厚な見世蔵や白壁の土蔵群などが残り、当時の繁栄ぶりを偲ばせています。

出典

所在地:栃木県栃木市万町16

地図↓

Google マップ

太平山

太平山の特徴

栃木市、大平町(現栃木市)、岩舟町にまたがる大平山県立自然公園の主体をなし、一等三角点のある最高峰、晃石山を含めて太平山と呼ぶ。
山頂近くの大平山神社は天長4年(827)、慈覚大師の創建と伝えられる古社で、境内は荘厳な雰囲気を漂わせる。桜の名所として知られているが、謙信平から見る霧に浮かぶ関東平野は「陸の松島」とも呼ばれるほど。
桜峠付近はヤマザクラの淡いピンクが山を染め、大平山神社参道はアジサイに彩られる。
ふもとには『雨月物語』で知られる大中寺や岩舟山高勝寺などの名刹、古刹もある。
大平山から馬不入山(うまいらずやま)に至るコースは関東ふれあいのみちとして整備されている。
JR両毛線大平下駅、東武日光線新大平下駅から大平山頂まで1時間10分、晃石山まで2時間、馬不入山へ縦走しても岩舟駅まで4時間。栃木駅から神社入口までバス便がある。

出典 山と溪谷公式サイト

所在地:栃木県栃木市平井町

地図↓

Google マップ

三毳山

三毳山の特徴

栃木県南端、東北自動車道の佐野SA近くにある三毳山は、近年はみかも山公園として整備され、ファミリーにも親しまれる山だ。関東平野に浮かぶようにそびえる山容は美しい。
三毳神社からかたくりの里までを縦走するのが一般的で、約1時間40分のハイキングが楽しめる。山頂からの眺望も良く、関東平野が一望できる。

出典 山と溪谷公式サイト

所在地:栃木県佐野市黒袴町

地図↓

Google マップ

とちぎ江戸料理

とちぎ江戸料理の特徴

栃木県栃木市は、江戸時代より例幣使街道の宿場町として、また、巴波川の舟運により江戸との交易地として発展しました。今も市内には往時を偲ばせる街並みが残っており、〈小江戸とちぎ〉と親しまれています。
2015年からは、味覚でも小江戸を楽しんでもらおうと、専門家を招いて江戸期の料理を研究し、郷土料理や伝統食材を見直すことで、栃木市ならではの江戸料理「とちぎ江戸料理」を創り上げました。
古きを訪ねて新しきを知る、話題の名物です。

しもつかれ

栃木市を代表する郷土料理です。塩引鮭の頭に鬼おろしで粗くすり下ろした大根や人参、炒った大豆、油揚げ、酒粕などを加えて煮込んで作ります。ご飯のお供に、日本酒にもよく合い、最近は健康食としても注目されています。

霰豆腐(あられどうふ)

天明2年刊行、江戸時代の大ベストセラーになった「豆腐百珍」の尋常品(日常のお惣菜)より再現。カリッと外は香ばしく、豆腐の甘みもしっかり味わえ、ビールや日本酒にもよく合う、小粋なおつまみです。

ごぼう餅

江戸時代、都賀郡栃木町がごぼうの産地だったことにちなみ、江戸初期に刊行された「料理物語」から選んで再現したベジスイーツ。甘さ控えめで、ごぼうの旨味がダイレクトに味わえ、甘党にも辛党にも好評です。

膾(なます)

江戸期の行事食には欠かせなかった「膾(なます)」。栃木市には日常の惣菜として根付いており、紅白なますや、「鬼平犯科帳」に登場する芋なます、里芋の葉柄である芋茎(ずいき)なますなど、様々な種類が味わえます。

川魚料理、モロ料理

渡良瀬川、巴波川、思川が合流し、多くの沼が散在している栃木市藤岡地域は、古くから川魚資源の宝庫。鯉やふな、なまず、どじょうなどの川魚料理を楽しめ、また、昔から貴重な海の魚として流通しているモロ(モウカザメの身)を使った料理も味わえます。

油伝味噌の料理

重要伝統的建造物群保存地区、嘉右衛門町にある油伝は、江戸中期に油屋として創業し、末期から味噌を造り続けている老舗です。糀をふんだんに使った甘めの味噌は、まさに江戸の味。田楽や洋食、菓子など、多彩なメニューで楽しめます。

とちぎ江戸料理が楽しめるお店

出典 栃木市観光振興課公式サイト

じゃがいも入り栃木焼きそば

じゃがいも入り栃木焼きそばの特徴

栃木市では焼きそばにじゃがいもが入っているのが当たり前。栃木市自慢のご当地グルメです。

出典 栃木県観光物産協会公式サイト

出流そば

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoko(@_tomoko711_)がシェアした投稿

出流そばの特徴

栃木市のそばといえば、出流そばである。古刹出流山満願寺の門前そばとして発展し、現在も六軒の蕎麦屋が軒を連ねる。市民それぞれに贔屓の店があり、江戸そばの伝統を引き継ぐ「一升そば」が名物である。

出典 栃木市観光振興課公式サイト

夕顔ラーメン

 

この投稿をInstagramで見る

 

むぎ(@mugimugi0113)がシェアした投稿

夕顔ラーメンの特徴

特産物であるかんぴょうを粉末にしたものを麺に練りこんで作る夕顔麺と、にぼしダシをベースに醤油味のあっさりラーメン。

出典 栃木県観光物産協会公式サイト








”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。

栃木市のこと、もっと知りたい!

栃木市の名所

毛塚紙店
MORO craft(丸三家具店店舗)
五十畑荒物店
パーラートチギ(旧関根家住宅)
北蔵カフェひがの(佐藤家住宅店舗)
日光珈琲 蔵の街(旧綿忠はきもの店店舗)
好古壱番館 / あだち好古館(旧安達呉服店)
快眠館大二(大二商店)
蔵の街市民ギャラリー
山本有三ふるさと記念館
蔵の街ダイニング蒼(旧足利銀行栃木支店)
とちぎ歌麿館(旧古久磯提灯店)
巴波川綱手道
蔵の街遊覧船
塚田歴史伝説館
幸来橋
横山郷土館
嘉右衛門町:重要伝統的建造物群保存地区
岡田記念館
畠山陣屋跡
岡田家翁島別邸
油伝味噌
嘉右衛門橋

市街の社寺
順礼山定願寺
教王山満福寺
神明宮
三級山近龍寺
摩尼山長清寺
洋館群
栃木市役所別館(旧栃木町役場庁舎)
栃木病院
本町
岩下の新生姜ミュージアム
箱森
錦着山
平井
法華山信行寺
大平山太山寺
太平山神社
随神門
謙信平
連祥院六角堂
あじさい坂
遊覧道路
大宮
東醍醐山如意輪寺
皆川
東宮神社
皆川城址
慈眼山金剛寺
吹上
標茅が原
伊吹山善応寺
宮の桜
寺尾
星野遺跡
四季の森星野
出流山満願寺
出流ふれあいの森
国府
下野国庁跡
大神神社
室の八嶋
しはぶきの杜
吾妻古墳

大平地域

フォレストアドベンチャーおおひら
晃石山
金滝山清水寺
晃石神社
太平山大中寺
諏訪神社
清瀧山宝蔵寺
大平町ぶどう団地
友田浅間神社

藤岡地域

渡良瀬遊水地
谷中村跡
栃木・群馬・埼玉の三県境
田中霊祠
篠山貝塚
藤岡神社
山王寺大枡塚古墳
三毳山
みかも山公園
三毳不動尊

都賀地域

つがの里
大柿花山
大柿カタクリの里
花之江の郷
太醫山長福寺

西方地域

金崎の桜
西方城址
鉄造薬師如来坐像
小倉堰
八百比丘尼公園

岩舟地域

岩舟駅
岩船山
岩船山高勝寺
岩船山クリフステージ
とちぎ花センター
いわふねフルーツパーク
高岡山高平寺
別院誕生寺(手洗窪)
小野寺
小野寺山大慈寺
村檜神社
小野小町の墓

選定・受賞

日本さくら名所100選:太平山県営自然公園
都市景観100選:栃木市歴史的町並み景観形成地区
日本の音風景百選:太平山あじさい坂の雨蛙
美しい日本の歩きたくなるみち500選:蔵の街とちぎと太平山へのみち
関東の富士見百景:太平山県立自然公園 謙信平、県営みかも山公園富士見台、渡良瀬遊水地の桜づつみからの富士
日本夜景遺産:太平山から望む夜景
都市景観大賞 平成21年度美しいまちなみ大賞:栃木市 歴史的町並み景観形成地区

栃木市出身、ゆかりの有名人

著名な出身者

武将・大名・大奥

小野寺氏(下野小野寺氏)
皆川氏
皆川宗成(成勝の父)
皆川成勝(俊宗の父)
皆川俊宗(広勝・広照の父)
皆川広勝(広照の兄)
皆川広照(下野皆川藩、信濃飯山藩、常陸府中藩初代藩主)
宝樹院(徳川家光側室・徳川家綱生母、都賀郡高島村:現在の大平地域出身)
増山正利(三河西尾藩初代藩主・長島藩増山家初代当主・宝樹院の弟、都賀郡高島村出身)
那須資弥(那須氏24代当主・下野烏山藩初代藩主・宝樹院の弟、都賀郡高島村出身)

財界

岩崎清七(磐城セメント創業者)
小平浪平(日立製作所創業者、下都賀郡家中村出身)
飯塚茂(マライ軍政監部顧問・陸軍嘱託、下都賀郡三鴨村出身)
山根春衛(大正海上火災保険社長、下都賀郡瑞穂村出身)
永田英太郎(永田製作所創業者)
牛久崇司(キッコーマン社長)

文学

石塚倉子(俳人、都賀郡富吉村:現在の藤岡地域出身)
通用亭徳成(戯作者・狂歌師)
山本有三(作家)
逸見猶吉(詩人・童話作家、下都賀郡谷中村出身)
柴田トヨ(詩人)
中村彰彦(作家)
関口尚(作家、下都賀郡岩舟町出身)
くしまちみなと(作家)

芸術

日高秩父(書家)
飯塚雲擧(書家)
清水登之(画家)
鈴木賢二(画家)
刑部人(画家、下都賀郡家中村出身)
田中一村(画家)
丸山暁鶴(書家)
熊倉隆敏(漫画家)
雲田はるこ(漫画家)

音楽

ソンコ・マージュ(ギタリスト)
白根一男(歌手)
松本良(元シンガーソングライター)

芸能・放送

磯辺建臣(アナウンサー、現在の大平地域出身)
古川登志夫(声優)
渡辺英紀(フリーアナウンサー)
山口智子(女優)
八津弘幸(脚本家、下都賀郡藤岡町出身)
ゆっきー(ローカルタレント)- 福岡市を拠点に活動。
高村麻代(フリーアナウンサー、下都賀郡都賀町出身)
飯田浩志(元俳優・声優・演出家、下都賀郡大平町出身)
中川真吾(俳優)- D-BOYSメンバー。
菊池優(フリーアナウンサー、下都賀郡大平町出身)
義達祐未(女優、下都賀郡大平町出身)
みさわ大福(元芸人、下都賀郡岩舟町出身)
砂岡春奈(モデル)
桜祐(声優・歌手、下都賀郡大平町出身)
石川恋(女優)
日高真理(ラジオパーソナリティ)

スポーツ

綾川五郎次(大相撲力士)- 第2代横綱。
9代 式守伊之助(立行司、現在の藤岡地域出身)
若湊義正(大相撲力士)- 最高位は小結。
栃木山守也(大相撲力士、下都賀郡赤麻村出身)- 第27代横綱。
小金山幸一郎(大相撲力士)- 最高位は十両8枚目。
太田健一(プロ野球選手)- イーグルス。
三富恒雄(プロ野球選手)- 中日ドラゴンズ。
砂岡良治(元重量挙げ選手、下都賀郡大平町出身)- ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト。
松本照夫(元プロ野球選手)- 阪急ブレーブス。
中野佐資(元プロ野球選手)- 阪神タイガース。
川田利明(プロレスラー、下都賀郡大平町出身)
麦倉洋一(元プロ野球選手、下都賀郡都賀町出身)- 阪神タイガース。
石川多映子(元ソフトボール選手)- 日立ソフトウェア女子ソフトボール部。
渡辺俊介(野球監督、下都賀郡都賀町出身)- 日本製鉄かずさマジック監督、元千葉ロッテマリーンズ。
中村雅人(オートレース選手)
寺内崇幸(プロ野球監督)- 栃木ゴールデンブレーブス監督、元読売ジャイアンツ。
武井択也(元プロサッカー選手)- ガンバ大阪、ベガルタ仙台、松本山雅FC。
富田晋伍(元プロサッカー選手、下都賀郡大平町出身)- ベガルタ仙台。
齋藤仁志(陸上競技選手、下都賀郡都賀町出身)
大島佐利(元ラグビー選手)- 東京サントリーサンゴリアス。
澤村拓一(プロ野球選手)- 千葉ロッテマリーンズ所属。
蜂須賀孝治(プロサッカー選手、下都賀郡大平町出身)- ベガルタ仙台所属。
富山貴光(プロサッカー選手)- 大宮アルディージャ所属。
陣野瞳(元ハンドボール選手)- 飛騨高山ブラックブルズ岐阜。
小舘美紀(元ハンドボール選手)- オムロンピンディーズ。
大谷桃子(車いすテニス選手)
太田彪雅(柔道選手)
仲三河優太(プロ野球選手)- 埼玉西武ライオンズ所属。

学界

森鴎村(儒学者)
田村律之助(農学者、都賀郡西水代村:現在の大平地域出身)
田嶋隆純(僧・仏教学者)
佐山総平(鉱山学者、下都賀郡部屋村出身)- 北見工業大学初代学長。
川口篤(フランス文学者)
岡安大仁(医学者)
川田侃(経済学者)
松本利松(物理学者)
斎藤昭俊(宗教学者)
松濤弘道(僧・仏教学者)
毛塚勝利(労働法学者)
塚田一博(医学者)
吉川真(天体物理学者)- はやぶさ2ミッションマネージャ。
金子勇(プログラマー、下都賀郡都賀町出身)- Winny開発者。

その他

円仁(僧、東山道安蘇郷と都賀郡三鴨の境出身[注釈 7])- 天台宗山門派の祖。
玄宥(僧、都賀郡吹上村出身)
菅谷北斗星(将棋観戦記者)
人見豊治(海軍大佐、下都賀郡瑞穂村出身)
舩坂弘(陸軍軍曹、上都賀郡西方村出身)- 渾名「不死身の分隊長」。
中田幸平(衣裳デザイナー)
舟橋功一(弁護士)
冬木れい(料理研究家、下都賀郡藤岡町出身)
猪熊泰則(漫画編集者、下都賀郡岩舟町出身)

関連人物

勝道(僧、芳賀郡南高岡出身)- 父は都賀郡木の若田高藤。出流山を開基。
小山よし姫(小山義政正室)- 星野で殺されたと伝わり、墓がある。
松平忠輝(徳川家康六男、江戸出身)- 皆川広照のもと、栃木城か皆川城で育ったとみられる。
喜多川歌麿(浮世絵師)- 栃木出身説がある。狂歌を通じて栃木の豪商と交流があった。同市にて歌麿の肉筆画が発見された(2007年に『女達磨図』。2010年に『鍾馗図』と『三福神の相撲図』)ほか、2011年には『月』の写真乾板が発見された。
田崎草雲(南画家、江戸出身)- 祖父が真名子出身であることから、その地に分骨墓がある。
善野秀(足利藩士、出羽国出身)- 栃木陣屋奉行。出流山事件の対応に当たった。
藤川為親(内務官僚、肥前国出身)- 栃木県令。市内に墓がある。
田中正造(衆議院議員、佐野町出身)- 政府の政策に対抗して谷中村(現栃木市藤岡地区)に居住。
田中愿蔵(尊王志士、常陸国出身)- 水戸天狗党幹部。栃木宿において掠奪・放火を行う。
西山尚義(尊王志士、美濃国出身)- 出流山事件に参加、栃木町西戸口・念仏橋のたもとで戦死。
森田仲造(壬生藩士・陸軍伍長、壬生町出身)- 明治4年に一度栃木町に転居。
松根東洋城(俳人、東京府出身)- 幼いころ、裁判官である父の転勤により栃木に暮らしたことがある。
吉屋信子(小説家、新潟県出身)- 少女時代を栃木町で過ごす。
金子文子(アナキスト、神奈川県出身)- 宇都宮刑務所栃木支所で獄死。
亜門虹彦(心理アナリスト、東京都出身)- 少年時代を旧下都賀郡岩舟町で過ごす。

出典 ウィキペディア

栃木県のこと、もっと知りたい!

栃木県はこんなに素敵!

宇都宮市
足利市
栃木市
佐野市
鹿沼市
日光市
小山市
真岡市
大田原市
矢板市
那須塩原市
さくら市
那須烏山市
下野市
河内郡
上三川町
芳賀郡
益子町
茂木町
市貝町
芳賀町
下都賀郡
壬生町
野木町
塩谷郡
塩谷町
高根沢町
那須郡
那須町
那珂川町

栃木県の食卓

栃木県の郷土料理、家庭料理、ソウルフードの種類と特徴

お米

栃木県産のお米銘柄の種類と特徴

牛肉

栃木県産の牛肉銘柄の種類と特徴

豚肉

栃木県産の豚肉銘柄の種類と特徴

鶏肉

栃木県産の鶏肉銘柄の種類と特徴

フルーツ、果物

栃木県産のフルーツ、果物の種類と特徴

スイーツ、お菓子

栃木県のスイーツ、お菓子の種類と特徴

日本酒、地酒

栃木県の日本酒、地酒銘柄の種類と特徴

地ビール、クラフトビール

栃木県の地ビール、クラフトビール銘柄の種類と特徴

タイトルとURLをコピーしました