佐野市はこんなに素敵!栃木県佐野市の人気観光スポット 名所 名物 名店 グルメ お土産 ギフト 佐野市の魅力

スポンサーリンク
佐野市の花 かたくり

目次

田中正造旧宅、佐野市立吉澤記念美術館、佐野プレミアム・アウトレット、皐月ゴルフ倶楽部佐野コース、赤見温泉、出流原弁天池、佐野城(佐野城山公園)、唐沢山城、佐野市国際クリケット場、朝日森天満宮、唐沢山神社、一瓶塚稲荷神社、嘉多山 浅間神社、人丸神社、佐野厄除け大師、嘉多山公園、佐野ラーメン、いもフライ、大根そば、耳うどん、佐野黒から揚げ、天明鋳物、飛駒和紙、佐野藍..

こちらでは栃木県佐野市の名所、人気の観光スポット、パワースポット、有名なもの、有名人、名物、特産品、名産品、お土産、高級な手土産、ギフト、ブランド品、通販でお取り寄せ出来るご当地グルメ、美味しいもの、銘菓、和菓子、洋菓子、スイーツ、名店、ランチにおすすめのお店、レストラン、カフェ、パン屋等、佐野市のお役立ち情報、特徴、魅力を動画、画像とともにご紹介します。


”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。

イギーくん
イギーくん

ねえねえボンゾくん、こんど栃木県の佐野市に行くんだけど、どんな特徴や魅力があるところなのかなあ?佐野市についていろいろ教えてよ!特に美味しいものが知りたいなあ!

ボンゾくん
ボンゾくん

佐野市には素敵なところや有名なもの、美味しいものがたくさんあるよ!田中正造旧宅、佐野市立吉澤記念美術館、佐野プレミアム・アウトレット、皐月ゴルフ倶楽部佐野コース、赤見温泉、出流原弁天池、佐野城(佐野城山公園)、唐沢山城、佐野市国際クリケット場、朝日森天満宮、唐沢山神社、一瓶塚稲荷神社、嘉多山 浅間神社、人丸神社、佐野厄除け大師、嘉多山公園、佐野ラーメン、いもフライ、大根そば、耳うどん、佐野黒から揚げ、天明鋳物、飛駒和紙、佐野藍なんかがおすすめだね。それじゃあイギーくんと一緒に佐野市のこと、詳しく調べてみようね!

佐野市について

佐野市の特徴、地勢、歴史

都心も、全国主要都市も、身近に感じる好立地

佐野市は、関東平野の北端、栃木県の南西部に位置しています。

地形的には、北部から北東部、北西部にかけては、緑豊かな森林や美しい清流など自然環境に恵まれた中山間地域、南部と西部は、住宅や産業基盤が集積する都市的地域と農業が展開する地域となっています。

市の南東部、国道50号と東北自動車道がクロスする周辺の佐野新都市地区には、新しいまちが誕生しました。佐野プレミアム・アウトレット®やイオンショッピングセンターなどの大型商業施設が進出し、新しい商業地域が形成され、特に週末には県内はもとより、関東一円から多くの人が訪れています。

また、東京中心部から70キロ圏内に位置し、市内を縦断する東北自動車道には、佐野藤岡インターチェンジ、佐野サービスエリアの佐野SAスマートインターチェンジがあり、市内を横断する北関東自動車道には、佐野田沼インターチェンジに加え、令和4年9月に出流原パーキングエリアに出流原スマートインターチェンジが開通しました。
市内に4つのインターチェンジを有し、その立地条件から、道路交通の要衝としてさらなる発展が期待されています。

市内には、日本名水百選に選ばれた「出流原弁天池湧水」、万葉集にも詠まれ、かたくりの花が群生する「三毳山」、旗川の源流にあり利根川水系百選にも選ばれ、別名「幻の滝」とも呼ばれている「三滝」、秋山川上流沿いに咲く「ザゼンソウの群生地」、平将門の討伐やムカデ退治伝説で有名な藤原秀郷公が築いたといわれる「唐沢山城」などの自然・歴史・文化的財産が各所にあります。

恵まれた立地条件と、城下町としての面影

佐野駅から広がる街並みは碁盤の目のように整備され、城下町としての面影を現在も残しています。 駅北側には、栃木県の公園の中で一番古く、明治22年9月に春日岡城(佐野城)跡地に開設された城山公園があり、桜やツツジの名所として、広く市民に親しまれています。

変わらない「鉱都」の顔と、フレスコ画の街

日本一のドロマイト生産を誇り、恵まれた埋蔵資源を礎として発展を遂げてきました。 大規模な採掘により、地層の中に眠っていた多くの動植物の化石が発見されています。また、街の所々には石灰を用いた漆喰壁に描かれたフレスコ画が、街の景観を彩っています。

美しい自然あふれる環境と歴史の輝き

一瓶塚稲荷神社の門前町としての街並みを色濃く残しています。 自然を活かした施設も多く、人と自然が共存できる環境が整備されています。

北関東自動車道佐野田沼インターチェンジ周辺

北関東自動車道佐野田沼インターチェンジ周辺は、新たな拠点としての可能性が期待されています。

交通拠点

さまざまな路が行き交い 人々が集うまち

佐野市は交通の要衝に位置しています。

北関東を東西に横断する国道50号。関東地方から東北地方を南北に繋ぐ東北自動車道が交わり、各方面へのアクセスがしやすい交通環境です。高速道路の利用により、首都圏(浦和インターチェンジ)から約30分でアクセス可能な位置にあります。さらに、平成23年3月には、北関東自動車道が開通し、常磐自動車道や関越自動車道へのアクセスも容易になりました。

鉄道では、東西に走るJR両毛線が佐野市と小山市・足利市方面とを結び、葛生駅を起点とした東武鉄道佐野線は、田沼駅、佐野駅を通り、館林市を経て東京へと繋がっています。

また、高速バス新宿線、東京線により首都圏、県都宇都宮と直接結ばれています。

市内には、佐野市街地と新都市を循環する万葉浪漫バスや、市営バスが走り、市民の身近な移動手段として活躍しています。

歴史・伝統

語り継がれる歴史

「佐野」の地名が、記録上、初めて登場するのは、平安時代の荘園名である「佐野庄」という記事からです。「兵範記」という当時の記録には、左大臣藤原頼長に寄進されていた荘園が、保元の乱(1157年)で勝利した後白河天皇の所有になったことが書かれています。そして、佐野庄は後白河天皇の側に立った藤原 秀郷の子孫と称する藤姓足利氏(後の佐野氏)とその一族によって治められるようになりました。

源 頼朝が挙兵すると、佐野氏は頼朝に味方し、源平合戦や奥州平泉の藤原氏討伐に従軍し、鎌倉幕府から御家人として認められました。さらに、南北朝の動乱が起こると、佐野氏一族は北朝方と南朝方に分裂し、同族内で対立することになりました。

室町時代になると、北朝方についた佐野氏は関東地方北部を治めた古河公方に代々仕え、この地域を支配しましたが、やがて一族のなかから有力なものが戦国大名佐野氏に成長しました。

戦国時代末期、佐野氏は、現在の佐野市とその周辺を支配し、その拠点になったのが唐沢山城です。築城時期は不明ですが、佐野は交通の要衝にあるため、越後の上杉氏や相模の北条氏などにも攻められ、たびたび改修が加えられた結果、高石垣を備えた関東でも有数の山城になりました。

江戸時代のはじめ唐沢山城主佐野信吉は、佐野城(現城山公園)の地に移城するよう幕府から命じられ、さらに慶長19年(1614年)所領も没収され、佐野氏の支配は終わりを告げました。

信吉の改易以後、佐野地方は幕府の直轄地となり、次いで元和2年(1616年)譜代大名本多正純の領地となりましたが、同8年正純も改易され、再び幕府直轄地となりました。その後、彦根藩、古河藩、館林藩などに統治されましたが、彦根藩以外は長く続かず、やがて堀田佐野藩や対馬藩、多くの旗本知行地に分割統治されることになりました。

明治2年(1869年)政府は、各大名に命じて領地を天皇に返上させ、藩主を知藩事に任命し、さらに2年後には藩を廃止して県を置きました。そのため彦根県や佐野県ができましたが、わずか4ヵ月で栃木県に統合されました。そして、明治22年(1889年)に市制・町村制が施行され、現在に繋がる原型となりました。

平成17年2月、佐野市、田沼町、葛生町の1市2町が新設合併し、現在の佐野市が誕生しました。

出典 佐野市公式サイト

田中正造旧宅

田中正造旧宅の特徴

日本の公害問題の原点といわれる足尾鉱毒事件の解決にその生涯をかけて取り組んだ「田中正造」は「環境問題の先駆者」であり、郷土が誇る「偉人」です。

田中正造の生家である栃木県指定史跡「田中正造旧宅」について

明治期の、足尾銅山鉱毒事件に際して、被害住民のために国会および言論界に、その救済を訴え続け、波瀾に富んだ一生を送った田中正造(1841~1913)の生家。
田中正造は大正2年(1913)の死後、自分の所有する財産一切を、生地である小中の人びとの農業の振興と精神の教育に役立てようと郷土に寄付しています。
現在は、管理団体として、一般財団法人小中農教倶楽部が維持管理を担っており、一般公開もなされ、田中正造の意思を伝える施設として保存活用されています。

出典 佐野市役所公式サイト

所在地:栃木県佐野市小中町975

地図↓

田中正造翁旧宅(生誕地) · 〒327-0001 栃木県佐野市小中町975
★★★★☆ · 史跡

佐野プレミアム・アウトレット

佐野プレミアム・アウトレットの特徴

180 OUTLET STORES
三毳(みかも)山を背景に、緑豊かな環境に建つ。
アメリカ東海岸の都市をイメージした施設に、有名ブランドが揃います。

出典 佐野プレミアム・アウトレット公式サイト

所在地:栃木県佐野市越名町2058

地図↓

佐野プレミアム・アウトレット · 〒327-0822 栃木県佐野市越名町2058
★★★★☆ · アウトレットモール

皐月ゴルフ倶楽部佐野コース

皐月ゴルフ倶楽部佐野コースの特徴

各ホールの雄大さで抜きんでたゴルフクラブ。フェアウェイが広く、自然の造形美に刻まれ、しなやかなコースラインに仕上がっている7番ホール 964ヤード・Par7へのチャレンジをお待ちしています。

7番ホール(964ヤード、パー7)が世界最長ホールとしてギネス世界記録に掲載されています。

出典 皐月ゴルフ倶楽部佐野コース公式サイト

所在地:栃木県佐野市船越町3183

地図↓

皐月ゴルフ倶楽部 佐野コース【PGM】 · 〒327-0305 栃木県佐野市船越町3183
★★★★☆ · ゴルフ場

赤見温泉

赤見温泉の特徴

赤見温泉は日本名水百選に選ばれた出流原弁天池の湧水を使用したものです。温泉と名がついていますが、正確には鉱泉と言うことになります。

出流原弁天池は、古生層石灰岩の割れ目から湧き出て池を成しています。かなり厚い土の層を通ってろ過された水は、年間通して水温約16°Cを保っていて湧水は豊富。この水を沸かしたのが赤見温泉です。
弁天池の周りに、ホテル一乃館、割烹旅館 公園荘、福寿荘などの宿があります。また池の周囲には磯山弁財天、赤見温泉フィッシングパークなどがあります。

出典 ウィキペディア

所在地:栃木県佐野市出流原町1117

地図↓

赤見温泉 · 〒327-0102 栃木県佐野市
〒327-0102 栃木県佐野市

出流原弁天池

出流原弁天池の特徴

出流原弁天池湧水は、栃木県指定天然記念物であり、環境省が認定する日本名水百選の一つに数えられています。周囲約138m、古生層の石灰岩を溶解して出来た洞穴から湧出する清水によってつくられ、年間を通して一定の湧水量2,400(立方メートル/日)、 水温は16度と安定した清水が地形を形成し、出流川の源となっている。水は、養魚場・公園、そして下流では農業用水に利用され、地域の人々に親しまれています。 また、この池には黄金埋蔵にまつわる朝日長者の伝説が秘められています。

朝日長者の伝説

大昔、このあたりに朝日長者が何不自由なく暮らしていましたが、ただ一つ子宝に恵まれていませんでした。 そこで長者夫婦が出流原弁天に子授けの願をかけると美しい女の子が生まれ、鶴姫と名付け大事に育てました。 姫が18歳の時、山に遊びに入ったまま不帰の人となりました。掌中の玉を失った長者夫婦に、ある時神が霊示したことは、 姫は弁天池の鯉となっており、竜神となって昇天するためには莫大な財宝がいるということです。 そこで長者は娘のためにと後山に財宝を埋め「朝日さす夕日輝く木の下に、うるし千ばい黄金億々」 というような宝のありかを詠んだ歌を残しています。

出典 佐野市磯山弁財天観光協会公式サイト

所在地:栃木県佐野市出流原町1117

地図↓

出流原弁天池 · 〒327-0102 栃木県佐野市出流原町1117
★★★★☆ · 観光名所

佐野城(佐野城山公園)

佐野城(佐野城山公園)の特徴

佐野城跡は、市指定史跡の平山城です。南側から三の丸・二の丸・本丸・北出丸が直線的に配置された連郭式で、別名を春日岡城、春日城、姥ケ城とも言います。現在は、市指定の名勝「城山公園」として市民の憩いの場となっています。

この地は古くから旭丘といい、藤原秀郷の曽祖父の下野守藤成が延暦9年(790)に城を築いたのが始まりとされます。天慶3年(940)に秀郷が平将門討伐を祈願して春日岡山惣宗寺を建立したと伝えられます。諸説ありますが、慶長7年(1614)、佐野信吉によって、唐沢山城から佐野城への築城を開始したとされます。それに伴い、惣宗寺は現在の場所に移りました。

史料「下野一国」によると、城の規模は東西約360メートル、南北約580メートルと記されています。また広大な外堀を廻らせていた様子も記されており、このことは現況ではほとんど確認できませんが、字「外堀」という地名も残っています。

かつては未完成のまま廃城となったと考えられてきた佐野城跡ですが、近年の発掘調査で、城内から礎石建物、石垣虎口、石畳などの遺構が確認され、瓦も多量に出土していることから、完成された城郭であったと考えられています。
また佐野城の築城とともに、碁盤の目状の整然とした城下町づくりも始められており、それが400年後の今日の町並みに受け継がれているのです。

出典 佐野市役所公式サイト

所在地:栃木県佐野市若松町425−504

地図↓

城山公園 · 〒327-0846 栃木県佐野市若松町504
★★★★☆ · 公園

唐沢山城

唐沢山城の特徴

県立自然公園となっている唐沢山には山城があり、唐沢山城跡と呼ばれています。戦国時代に佐野氏が居城し、佐野城(現城山公園)への移転に伴い廃城になりました。交通要衝の地にあるため、戦国時代にはこの城をめぐって何回も戦いがありました。そのため、敵の攻撃に備えるいろいろな工夫がされています。平らに削平された曲輪。土を盛り上げた土塁。堅牢な高石垣、侵入を防ぐ堀。これらは現在、唐沢山神社本殿がある本丸を中心に広がっています。また田沼高校側山麓には、城主の佐野氏や家臣たちが普段生活していた根小屋(館跡群)が、数百年の眠りの中、壊されずに残っていることがわかってきました。

出典 佐野市役所公式サイト

所在地:栃木県佐野市富士町1409

地図↓

唐沢山城跡 · 〒327-0801 栃木県佐野市富士町1409
★★★★☆ · 史跡

唐沢山神社

唐沢山神社の特徴

唐澤山神社の沿革

唐澤山は今より1000年の昔「むかで退治」の伝説や、天慶の乱で平将門を滅ぼした藤原秀郷公の居城址で標高240米ながら全山赤松におおわれ断崖と深い谷に囲まれた自然の要塞をなし、今なお当時をしのぶ遺跡が数多くあります。

唐澤山神社の御祭神藤原秀郷公は、幼時京都の近郊田原の郷に住んでいたので世に田原(俵)藤太秀郷ともいわれています。公の在世当時(平安朝の中頃)は、都の朝廷では藤原氏が代々摂政や関白になって政治の実権をにぎっていましたが一族の間で政権争いがくりかえされ、そのために都の政治が乱れてくると地方の政治もゆるみ土着の豪族などが欲しいままに勢力をふるってくるようになり、時に公は延長5年(927年)に下野国(栃木県)の警察にあたる押領使という役に任ぜられ父祖伝来の此の地に参られ唐澤山に城を築いて善政を施していました。

たまたまこの頃、桓武天皇の流れをくむ平将門は父の残した領地のことから叔父の国香を殺し、しだいに勢力を増し天慶2年(939年)頃から関東八カ国(上総、常陸、上野、下野、武蔵、相模、伊豆)の国府を順次攻めたて国府の長官を京に護送して関東地方の大部分を支配してしまい、自ら親王と称し、朝廷の命令を聞こうとせず、このように将門が地方で乱暴を働くのをみかねた朝廷では藤原忠文に征東大将軍の職を与え将門征伐に出発させ、その軍が到着する前に秀郷公は平貞盛と力を合せて、将門の軍を下総国幸島において攻めほろぼし、時に天慶3年2月14日世にこれを天慶の乱と言います。

公はこの功績により押領使から下野守(栃木県の長官)になり、さらに武蔵守の役も兼任するようになり従四位下へと進み、その手柄に対し朝廷より土地一功田が与えられました。その後代々子孫が城主となり、約700年間、佐野修理大夫信吉公の代まで続き、徳川幕府の初期、現在の城山公園の地に城を移し春日城とよばれました。

この春日城がまだ完成しない1613年(慶長18年)大名としての佐野家は徳川氏の政策により断絶、城主佐野信吉は信州松本城にお預けとなりましたが、23年の後時の3代将軍家光から赦免の恩命に浴し、信吉の2人の子供は旗本として佐野家を再興することができました。

1867年(慶応3年)廃藩置県により士族となり明治を迎え、ここに至り一族、旧臣、相謀って沢英社と東明会を組織して秀郷公の遺徳をしのび明治16年9月25日、本丸跡に神社を創建して同年10月25日に秀郷公の御霊を奉斎し、以後永くこの地方の守護神として尊崇されております。

出典 唐澤山神社公式サイト

所在地:栃木県佐野市富士町1409

地図↓

唐澤山神社 · 〒327-0801 栃木県佐野市富士町1409
★★★★☆ · 神社

佐野市国際クリケット場

佐野市国際クリケット場の特徴

日本で唯一、国際規格の広さを備えるグラウンドです。佐野市では佐野市国際クリケット場と命名する条例が2016年に制定されました。多くの国際・国内大会が開催されています。

出典 日本クリケット協会公式サイト

所在地:栃木県佐野市栃本町300-1

地図↓

佐野市国際クリケット場 · 〒327-0312 栃木県佐野市栃本町300−1
★★★★★ · クリケット場

朝日森天満宮

朝日森天満宮の特徴

朝日森天満宮沿革

平安時代、藤原秀郷公七代の孫足利家綱が無罪の罪におとしいれらた時に大宰府天満宮に参籠し一心不乱に祈念をしたところ、冤罪がはれ所領が安堵されました。家綱はこの偉大な神恩を感謝し、唐沢城中の天神澤に天満宮を勧請し尊崇の誠を尽くしました。以来 佐野氏の累代及び一門の祖先の遺志を継承し守護神として崇敬してきました。

その後、慶長七年(1602年)時の城主佐野吉信が幕府の命により城を移すにあたり、天満宮も現在地に遷座され、地名を冠し朝日森天満宮と称しました。以来、佐野の氏神様として、当地の人々より天神様と呼ばれ親しまれており、初詣や初宮・七五三等で賑わっております。

佐野市で初詣や合格祈願にお参りする神社をお探しでしたら、朝日森天満宮をご利用ください。

朝日森天満宮は、学問の神様として有名な菅原道真公を御祭神として奉祀している神社です。合格祈願・学業成就をはじめ、初宮や初詣、七五三、厄除祈願、商売繁盛、交通安全など各種祈願祭を執り行っております。また、鷽替(うそかえ)神事や御朱印も行っており、牛と鷽のオリジナル御朱印帳もございます。初詣や合格祈願など各種御祈祷をご希望の方は、佐野市の朝日森天満宮へぜひお越しください。

出典 朝日森天満宮公式サイト

所在地:栃木県佐野市天神町807

地図↓

朝日森天満宮 · 〒327-0847 栃木県佐野市天神町807
★★★★☆ · 神社

一瓶塚稲荷神社

一瓶塚稲荷神社の特徴

歴史的な御由緒は不詳ですが、文治2年(1186年)佐野荘司成俊公は、冨士村の稲荷大明神を今の地に遷し祀り、佐野荘百数十郷の総社として尊崇したといわれております。
その折各地の人々は瓶(かめ)に土を入れてこの地に運び塚を築いたので、塚を一瓶塚(いっぺいづか)と呼び、社を一瓶塚稲荷神社と称し、武将庶民の信仰も厚く、延享3年(1746年)には佐野荘の人々の協力によって銅製鳥居(国の重要美術品)が奉納されています。

出典 栃木県神社庁公式サイト

所在地:栃木県佐野市田沼町1404

地図↓

一瓶塚稲荷神社 · 〒327-0317 栃木県佐野市田沼町1404
★★★★☆ · 神社

嘉多山 浅間神社

嘉多山 浅間神社の特徴

浅間神社(せんげんじんじゃ)は今より約800年前の弘長2年(1261)に創建され、主祭神「木花咲耶姫命」ほか7柱の神々を奉祭する神社です。徳川時代に、上州館林藩(群馬県館林市)の鬼門除けになり、境内の整備が進められました。

浅間神社の総本社である富士山本宮浅間大社は、徳川家康公に崇敬されておりました。初代館林藩藩主である、徳川四天王の1人榊原康政公は徳川家康公に倣い、浅間神社を鬼門除けにしたのだと考えられます。

また、のちに5代将軍になる徳川綱吉公は、藩主時代の20年間で1度だけの館林への入府のおりには、当神社にもご参拝いただき、東照宮の勧進が行われました。戦後になると、神社境内地より良質の石灰石が発見され、採掘による粉塵被害が多くなったために、昭和46年に嘉多山の地へ遷座いたしました。

上州の職人による神社彫刻を是非ご覧になってください。

出典 嘉多山 浅間神社公式サイト

所在地:栃木県佐野市嘉多山1786

地図↓

嘉多山 浅間神社 · 〒327-0523 栃木県佐野市嘉多山町1786
★★★★☆ · 神社

人丸神社

人丸神社の特徴

万葉の歌人・柿本人麻呂を祀る景勝地

佐野市の人丸神社は入るとまず一の鳥居があり、その先が駐車スペースになっています。 この佐野市の人丸神社の周囲には神池があり、佐野市の天然記念物にも指定されています。木々の影が移り、涼しげな光景を創り出しています。 地元の癒しの場としてもなっていますね。

祭神は三十六歌仙の一人、飛鳥時代の歌人、柿本人麿公です。 社宝は1710年に奉納された神楽面など、絹本着色柿本人丸像も佐野市の指定有形文化財に指定されています。 その拝殿の前には二匹の狛犬が置いてあり、守護しています。

また、拝佐野市の人丸神社殿には珍しい親子の龍が刻まれており、印象的です。 この佐野市の人丸神社で最大の見どころは拝殿の中にあります。 拝殿の中には大きな絵画とも言えるサイズの絵馬があり、天井にも絵が描かれています。 鮮やかな絵として評判で一見の価値ありですよ。

人丸神社は拝殿の他に、いくつかの祠が点在しています。 八坂神社や為朝神社などもあり、疫病神避けや学業に関して御利益がありそうですね。 この神社は池が特徴的ですので、神聖な空気を感じると共にのんびり過ごしたい人にお勧めの神社となっています。 初詣や七五三、学業成就、交通安全に特に効果があるとされていますので、家族向けの神社と言えるかもしれません。

出典 とちぎ旅ネット公式サイト

所在地:栃木県佐野市小中町1061

地図↓

人丸神社 · 〒327-0001 栃木県佐野市小中町
★★★★☆ · 神社

佐野厄除け大師(春日岡山転法輪院惣宗官寺)

佐野厄除け大師(春日岡山転法輪院惣宗官寺)の特徴

お寺の歴史

佐野市天然記念物大白椿春日岡(かすがおか)とよばれ、多くの人から親しまれている寺である。佐野厄除大師として、お正月を始め遠方より参拝される方が多いお寺として有名です。
その歴史は、朱雀天皇の944(天慶七)年3月、奈良の僧 宥尊(ゆうそん)上人が開いた寺で、 最初は日本の仏教で最も古い南都六宗の法相宗に属し、正しくは春日岡山転法輪院惣宗官寺という。
藤原秀郷公が平将門降伏の誓願により、佐野の春日岡 (現在の城山公園)の地に、春日明神の社殿とともにお寺を建て 朱雀天皇に申し上げたところ、天皇は大変喜ばれ「春日岡山惣宗官寺」の勅額を賜ったといわれ、それ以来、藤原一門の信仰あつく栄えたが、次第に衰退してしまった。
その後比叡山の僧で俊海という人が、父の藤原光憲から「春日岡は、わが祖父である秀郷公の創立した氏寺である。 昔、保元・平治の乱に殿堂が焼けて灰になったが、父の志を継ぎ修行の後にこの山を復興せよ。」このことを深く 心にとどめ、この寺の荒れ果てたことを憂い、正応年間(鎌倉時代)に信徒を集めて、藤原一族および北条一門の 有志とはかり、鎌倉幕府九代執権北条貞時をさとして、1297(永仁五)年8月に復興完成し、 これ以後「法華経」を所依の経典とし、伝教大師を宗祖と仰ぐ天台宗となる。
その後十二世の僧豪海のときに1602(慶長七)年、秀郷公から30代の佐野信吉公が、 幕命により唐沢城をこの春日岡(城山公園)に移すにあたり、寺は現在地に移転した。
徳川時代には御朱印五十石を拝領し、寺社奉行も置かれ、三代将軍家光公も参拝する等徳川幕府との縁故も深い。

出典 佐野市仏教会公式サイト 佐野厄除大師公式サイト

所在地:栃木県佐野市金井上町2233

地図↓

天台宗 春日岡山 転法輪院 惣宗官寺(佐野厄除け大師) · 〒327-0015 栃木県佐野市金井上町2233
★★★★☆ · 仏教寺院

嘉多山公園

嘉多山公園の特徴

嘉多山公園は、東武佐野線葛生駅より北約1.5キロメートルの高台に位置した緑豊かな公園です。園内には、桜の木が多く、春には大勢の花見客で賑わっています。また、子供たちに人気のロング滑り台などの遊具や展望台、野外ステージ広場などの施設があります。市の天然記念物に指定されているコノテガシワ叢林は、樹齢百年以上と推定されています。

出典 佐野市公式サイト

所在地:佐野市嘉多山町1790

地図↓

嘉多山公園 · 〒327-0523 栃木県佐野市 嘉多山町1790
★★★★☆ · 公園

佐野市立吉澤記念美術館

佐野市立吉澤記念美術館の特徴

葛生地区にある漆喰の白壁と日本瓦が美しい吉澤記念美術館は、葛生の旧家、吉澤家から美術品と美術館建物の寄贈を受け、江戸時代から現代にかけての日本絵画、近現代の陶芸作品、著名な作家の優品や地域の美術・文化史にとって重要な500余点の作品が収蔵されています。

出典 佐野市公式サイト

所在地:栃木県佐野市葛生東1-14-30

地図↓

佐野市立吉澤記念美術館 · 〒327-0501 栃木県佐野市葛生東1丁目14−30
★★★★☆ · 美術館

天明鋳物

天明鋳物の特徴

天明鋳物(てんみょういもの)の起源は平安時代、室町時代から江戸時代初期に最盛期を迎えました。
特に茶の湯釜は「西の芦屋に東の天明」と言われ、千利休・豊臣秀吉・徳川家康など名立たる偉人達が愛した、佐野市が誇る名品です 。

一千余年の歴史を生き抜いた佐野の鋳物は、天明鋳物と称されています。梵鐘、仏像、鰐口、茶釜、燈籠、湯釜、床置、花瓶、火鉢等の美術工芸品から風炉釜、鍋等の日用品や農具、また需要の変化に伴い、機械工業の関係機器分野にも進出するようになりました。

出典 佐野市役所公式サイト

ひな人形

ひな人形の特徴

例幣使街道の宿場町として栄えた佐野には、東照宮造営で全国から集まった職人たちが住み着き、人形を作ったことが始まりといわれています。その技術によって作られた衣裳着雛は、栃木県の伝統工芸品に指定されています。

春の香りをほのかに伝える伝統の雛人形。
女の子の初節句に、健やかな成長と美しい娘に育てようという願いを込めて、家族や友人でお祝いをするのがひな祭りの習わしです。木製黒塗段には、鮮やかな絵や金の蒔絵がほどこされ、より豪華に、モダンになってきています。

出典 ウィキペディア 佐野市観光協会公式サイト

土鈴

土鈴の特徴

佐野の土鈴は、相澤 一太郎氏が、大正9年に創業しました。創業当時は、盆景道具の製造を手がけ、昭和に入って下野達麿百態、戦後は観光ブ-ムに乗り土鈴・土笛の製作に没頭、特に当店の土鈴は、多治見市産の粘土を原料とし、成型は一つひとつ石膏型に指で押し込み、心をこめて作り上げます。これを松薪で13時間、1,000℃の高温で焼き上げます。窯出しした土鈴は、顔料・エナメル・ニス等で最高20色も使い、一つひとつ念入りに彩色しております。平成6年には、栃木県伝統工芸品に指定され、その清らかな音色は、魔を払い、幸せを招きます。

出典 佐野市観光協会公式サイト

飛駒和紙

飛駒和紙の特徴

江戸時代が起源とされる飛駒和紙は、丈夫で長持ちすることから、障子紙や大福帳、傘紙などに利用され、飛駒は和紙の産地として知られるようになりました。しかし、戦後は洋紙に押されて需要が減り、後継者もいなくなって昭和40年代に長い伝統に終止符が打たれました。

平成5年に、飛駒和紙の伝統技術を保存し、後世に伝えていくことを目的に「飛駒和紙保存会」を結成しました。飛駒和紙会館を拠点に、飛駒和紙の製造販売や伝統技術を手軽に体験できる、紙すき体験を行っています。

また、市内小中学校の卒業証書を作製し、手すき和紙のもつ温かな感触と共に、伝統技術と和紙の良さを伝えています。

出典 栃木県庁公式サイト

牧歌舞伎

牧歌舞伎の特徴

牧地区に伝わった「牧歌舞伎」は、江戸時代から現在まで受け継がれている地芝居です。昭和35年に栃木県重要無形文化財の指定を受けています(昭和52年に無形民俗文化財に指定変更)
江戸時代後期に江戸の歌舞伎役者・関三十郎により伝えられたのが始まりといわれています。現在も牧歌舞伎保存会による公演活動が行われ、郷土の伝統芸能の継承の努力が続けられています。

出典 葛生伝承館公式サイト

佐野ラーメン

佐野ラーメンの特徴

佐野市内には昔からラーメン店が多く、昭和初期に人口が約5万人だった街に160軒近いラーメン店がありました。また、当時佐野の主な産業であった繊維業に従事していた職工さん(お母さん方)や、その忙しい家庭の食事に、すぐに食べられるラーメンの出前が利用されていました。佐野においてラーメンは佐野の産業を支える食べ物であり、佐野の人々にとって生活に深く根付いた愛着のある食べ物でした。

このような背景から、佐野では美味しいラーメンを提供するラーメン店が多かったので、昭和63年に「多くの人に美味しい佐野ラーメンを食べてもらいたい」という想いで、市内のラーメン店が集まって「佐野らーめん会」が発足しました。

当地ではしょうゆベースの澄んだスープにコシのあるちぢれ麺を提供している店が多く、それぞれの店が工夫を凝らして切磋琢磨してきました。人々の生活に密着してきたラーメンですので、毎日食べても飽きの来ないさっぱりとした味が特徴です。

当時の「佐野らーめん会」に加盟したラーメン店には、伝統的な製法である青竹を使った手打麺を提供する店も、機械打ちの麺でも美味しい麺を提供する店もありました。現在も店によって様々な食感の麺があり、またスープについてはしょうゆ味以外にも、しお、みそ、ごまなど各店において創意工夫しています。令和元年、当会には67の加盟店が存在し、それぞれの店にて美味しいラーメンを作ることに精進しておりますので、各店の麺やスープの味の違いを是非お楽しみください。

出典 佐野らーめん会公式サイト

佐野ラーメン10選!ここだけは押さえておきたい人気店

いもフライ

いもフライの特徴

蒸したジャガイモを串に刺して衣をつけて揚げた後、ソースをかけて仕上げた佐野のソールフードです。
甘みとホクホク感のあるジャガイモが特製ソースとマッチしておやつや夕飯のおかずに親しまれています。

出典 佐野市観光協会公式サイト

大根そば

大根そばの特徴

明治時代から続く、栃木県佐野市周辺の郷土料理です。千切りにした生の大根を蕎麦の上にのせたり、そばと一緒に茹でて食べたりとお店によって、または各ご家庭によって、色々な食べ方があります。食糧難の時代にカサ増しために大根を混ぜてそばを食べたのがきっかけとの説もあります。ダイエット食にも適しています。

出典 eats公式サイト

耳うどん

耳うどんの特徴

耳うどん(みみうどん)は、栃木県佐野市(旧葛生町)仙波における郷土料理の一種で、うどん類似の麺料理です。
佐野市仙波町に昔から伝わる、耳の形をした料理。
仙波町では、このうどんをお正月に食べるのが習慣になっています。
耳うどんは悪い神様の耳を意味しており、耳を食べてしまえば家の話を悪い神様に聞かれることがないから、
一年間悪いことが起こらない、つまり、魔除けになるといわれています。
また、耳を食べてしまえば悪口が聞こえないため、近所との交際が円満にいくなどの言い伝えもあります。
すいとんに近い食感で、具は五目うどんと似ており、汁も関東風の濃い醤油味です。
おせち料理の残り物を処理する、という感覚が強く、耳うどんを出すうどん屋でも伊達巻等おせち料理の素材を入れて出す店もあります。

出典 うどんミュージアム公式サイト

佐野黒から揚げ

佐野黒から揚げの特徴

「佐野らーめん」「いもフライ」に続く新たな佐野市のご当地ぐるめを作ろうと地元のパパたち「パパプロe街佐野奉行所」が、新しい佐野の魅力を発掘し、PRする“佐野パパプロジェクト”で開発したソース味のから揚げです。
佐野黒から揚げの条件

ソース味であること
衣がカリッといや、ガリッとクリスピーであること
黒、であること
後味がピリッとスパイシーであること
パパプロe街佐野奉行所のお墨付きを得ること

出典 佐野市観光協会公式サイト

佐野藍

佐野藍の特徴

佐野市の旧安蘇郡における「藍」の歴史は古く、江戸時代から明治30年代までは藍草を育てる藍農家も多く、安蘇郡藍同業組合も存在した。明治30年には藍葉を買い入れて藍玉に加工する同業組合員が63名在籍したとの記録があるが、組合員の資格として求められたのは、藍玉の製造・仲買及びそれに準ずる紺屋(染め屋)であることだった。

しかし、明治37年に安価な合成藍が輸入されたことをきっかけに日本の伝統的な正藍染めは衰退の道をたどり、佐野市からも藍は消滅した。

「佐野藍復活プロジェクト」

100年以上も前に滅びた佐野藍を復活させようと、佐野市民の有志が立ち上がり2012年から佐野藍復活プロジェクトが始まった。

同市の藍染師大川公一氏を中心に藍農家6軒によって藍草の栽培からすくも(藍染めの染料)を作り、そしてついに伝統的な正藍染めの復活を果たした。

出典 NPO法人ZESDA公式サイト


”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。

佐野市のこと、もっと知りたい!

佐野市出身、ゆかりの有名人

著名な出身者

歴史人物

佐野氏
佐野昌綱 唐沢山城において上杉謙信、後北条氏らの侵攻を撃退した武将。
1531年 (享禄4年)中世から近世にかけての名医である曲直瀬道三と田代三喜が佐野市赤見で出会ったことが知られている。

出身著名人

田中正造 – 明治時代の衆議院議員
小堀鞆音 – 日本画家
當り矢信太郎 – 元力士
丹羽基二 – 苗字研究家
見川鯛山 – 医師、作家
弓削隼人 – 東北楽天ゴールデンイーグルスに所属しているプロ野球選手
石井琢朗 – 横浜DeNAベイスターズチーフ打撃兼走塁兼一塁ベースコーチ、元プロ野球選手
小関竜也 – 埼玉西武ライオンズ外野守備走塁コーチ、元プロ野球選手
石川俊介 – 阪神タイガースに所属していた元プロ野球選手
戸叶尚 – 横浜ベイスターズなどに所属していた元プロ野球選手
小林竜樹 – ザスパクサツ群馬などに所属していた元サッカー選手
河口恭吾 – シンガーソングライター
﨑山龍男 – ロックバンド、スピッツのドラマー
榊原広子 – 歌手グループ、ダ・カーポのボーカル、作詞担当
大出直三郎 – 民謡歌手。「越名舟唄」などで知られる。
Yumix – タレント
三門順子 – 歌手
結月そら – ゲームソング歌手・作詞家
二代目神田愛山 – 講談師
三代目三遊亭歌橘 -落語家。葛生高校卒業。祖父が佐野市伊賀町出身。
井上和郎 – 漫画家
永島福太郎 – 関西学院大学名誉教授
丸山勉 – 洋画家 白日会会員 日展会員
小林森治 – 青バラ育種家
福士奈央 – SKE48。2015年に「佐野ブランド姫」、2016年に「とちぎ未来大使」にそれぞれ就任した。
高橋一正 – 空手家
DOTAMA – ラッパー
武井日向 – ラグビー選手
中田クルミ – 女優・ファッションモデル
中田みのり – ファッションモデル
亀田昭雄 – プロボクサー

関連著名人

ダイアモンド☆ユカイ – ミュージシャン、タレント。佐野市に移住し、2011年には佐野ブランド大使になった。
宮地静香 – 日本人初のプロクリケット選。2022年現在、佐野市在住。

出典 ウィキペディア

栃木県のこと、もっと知りたい!

栃木県はこんなに素敵!

宇都宮市
足利市
栃木市
佐野市
鹿沼市
日光市
小山市
真岡市
大田原市
矢板市
那須塩原市
さくら市
那須烏山市
下野市
河内郡
上三川町
芳賀郡
益子町
茂木町
市貝町
芳賀町
下都賀郡
壬生町
野木町
塩谷郡
塩谷町
高根沢町
那須郡
那須町
那珂川町

栃木県の食卓

栃木県の郷土料理、家庭料理、ソウルフードの種類と特徴

お米

栃木県産のお米銘柄の種類と特徴

牛肉

栃木県産の牛肉銘柄の種類と特徴

豚肉

栃木県産の豚肉銘柄の種類と特徴

鶏肉

栃木県産の鶏肉銘柄の種類と特徴

フルーツ、果物

栃木県産のフルーツ、果物の種類と特徴

スイーツ、お菓子

栃木県のスイーツ、お菓子の種類と特徴

日本酒、地酒

栃木県の日本酒、地酒銘柄の種類と特徴

地ビール、クラフトビール

栃木県の地ビール、クラフトビール銘柄の種類と特徴

タイトルとURLをコピーしました