草加市はこんなに素敵!埼玉県草加市の特徴と魅力 人気の観光地 名所 名物 グルメ お土産 特産品..

スポンサーリンク

埼玉県草加市はこんなに素敵!

草加宿、草加松原、草加神社、東福寺、そうか公園、草加煎餅、慈姑、皮革、ゆかた、地球儀、麺屋時茂の鶏白湯ラーメン、ニュールドリのインド料理、いけだ屋の草加せんべい..

こちらでは埼玉県草加市の名所、人気の観光スポット、有名なもの、有名人、名物、特産品、名産品、ブランド品、グルメ、名店、カフェ、銘菓、スイーツ、お土産、高級な手土産、通販でお取り寄せ出来るご当地グルメ等、おすすめの動画とともに、草加の特徴、魅力をご紹介します。


”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。

イギーくん
イギーくん

ねえねえボンゾくん、こんど埼玉県の草加市に行くんだけど、どんな特徴や魅力があるところなのかなあ?草加市についていろいろ教えてよ!特に美味しいものが知りたいなあ!

ボンゾくん
ボンゾくん

草加宿、草加松原、草加神社、東福寺、そうか公園、草加煎餅、慈姑、皮革、ゆかた、地球儀、麺屋時茂の鶏白湯ラーメン、ニュールドリのインド料理、いけだ屋の草加せんべい.. たくさんあるよ!それじゃあイギーくんと一緒に草加市のこと、詳しく調べてみようね!

草加市について

草加市の特徴、地勢、歴史

草加市は、埼玉県の東南部に位置し、市域の南部を東京都足立区に接しています。水と緑に恵まれた中川、綾瀬川下流域にひらけた東西7.24km、南北7.6km、総面積27.46平方kmの都市です。
昭和33年11月1日、人口3万4878人で市制を施行。
昭和37年の東武伊勢崎線と地下鉄日比谷線の相互乗り入れや、当時マンモス団地といわれた松原団地の造成等により、昭和38年に人口が5万人を突破し、昭和43年には、県下8番目の10万都市になりました。
東京近郊という立地条件の良さも相まって、昭和50年代後半から人口は急激に増え、現在では24万人を超える都市となっています。草加市では、地球環境をはじめ、少子・高齢化、高度情報化、国際化といった時代の変化をしっかり見据えながら、「いつまでもこのまちで暮らしたい、このまちで子どもを育てたい」と思われるような快適都市の実現をめざし、市民と行政のパートナーシップにより、まちづくりを進めています。

歴史

原始・古代の草加

今から、約8000年前、縄文時代(じょうもんじだい)と呼ばれる時期は、現在の関東平野にはその中央付近に、深く、大きく奥東京湾(おくとうきょうわん)が進出していましたが、その後、長い時間をかけながら海は海進(かいしん)・海退(かいたい)を繰り返し、さらに地殻変動(ちかくへんどう)なども重なって、現在の草加市域一帯は、しだいに多くの河川と広大な湿地が広がる地域となりました。

今から、約1600年前、現在の谷塚地域には方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)や古墳(円墳)が出現しました。また、近年の発掘調査からは、多くの土器や祭祀用の遺物が出土するなど、人々の営みの痕跡(こんせき)も見付かっています。

平地には上流からの土砂が堆積(たいせき)して自然堤防(しぜんていぼう)を形成し、さらにその堤防の上には人々が生活を送る集落が生まれ、また、よその土地との交流の礎(いしずえ)となる街道も形成されていきました。

中世から近世初頭の草加

承久3年(1221年)、北条氏(ほうじょうし)は鎌倉の鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)に戦勝祈願のため谷古宇郷(やこうごう)の地を寄進しました。これが、書き示された資料の中で草加市域が登場する始まりといわれ、以来、関東武士の攻防を目の当たりにする土地となっていきました。

天正18年(1590年)、小田原の北条氏が滅亡すると徳川家康(とくがわいえやす)が関東に移り来て、翌年には柿木の東漸院(とうぜんいん)に朱印状(しゅいんじょう)を与えるなど、関東各地で所領安堵(しょりょうあんど=認定)などの施策を展開していきました。また、慶長8年(1603年)、家康は江戸に幕府(ばくふ)を開き、さらに彼の命を受けた関東郡代(かんとうぐんだい)伊奈忠次(いなただつぐ)は、八条領立野堀(はちじょうりょうたてのほり=稲荷一丁目から六丁目付近)の新田(しんでん)開発を許可し、この頃から草加市域では広大な沼沢が豊かな美田へと開発されていきました。そして従来からある村のほか多くの新田ムラが誕生し、市域の村々は、一部に大名や旗本、江戸の寺院の支配を受けましたが、多くは天領(てんりょう)といわれる幕府の直轄領に組み込まれていきました。

近世初頭、江戸(えど)と奥州各地とをつなぐ街道は、千住(せんじゅ)から八条(はちじょう)・越ヶ谷(こしがや)へと大きく迂回をしていましたが、やがて幕府は千住・越ヶ谷間を最短で結ぶ新道を整備し、その中間に近隣の村々からなる新しい宿駅(しゅくえき)の設置を命じました。草加宿の始まりです。
また、このとき整備された街道が、日光道中(にっこうどうちゅう)で、やがて寛永7年(1630年)、幕府の公認を受け正式に伝馬宿(てんましゅく)と認められた草加宿は、その後、参勤交代(さんきんこうたい)や日光社参、さらには一般旅人の往来もあって、大きな賑わいをみせるようになりました。
元禄2年(1689年)には松尾芭蕉(まつおばしょう)が『おくのほそ道』の旅で草加宿に歩みを残したのを始め、伊能忠敬(いのうただたか)や渡辺崋山(わたなべかざん)など多くの文人(ぶんじん)の通行によって、「街道文化」ともいえる独特な文化を創り出していきました。
また、綾瀬川・中川などの河川は、周辺の村々で生産された農産物を江戸に運ぶことにも活用され、荷積み・荷揚げに用いられた河岸(かし)も大層な賑わいを見せるようになっていきました。
草加宿は、地域の政治・経済・文化の中心として、近隣の村々に大きな影響を与えていたのです。
草加宿の北端に続く街道沿いには松が植樹され、それはやがて街道を行き交う旅人に草加松原(そうかまつばら)として、広く知られるようになりました。

近代の草加

明治になると、草加市域のほとんどは小菅県(こすげけん)に編入され、やがてすべての地域が埼玉県(さいたまけん)の所属となりました。
日光道中(にっこうどうちゅう)は改めて国道として整備され、さらに交通の要衝としても草加はますます栄えていきました。

また、明治22年(1889年)には町村制の施行を受け、近世以来の村々を統合して、それぞれ草加町(そうかまち)・谷塚村(やつかむら)・新田村(しんでんむら)・安行村(あんぎょうむら)・八條村(はちじょうむら)・ 川柳村(かわやぎむら)へと生まれ変わり、今日の地方行政の基礎が築かれました。

明治26年(1893年)、国道には馬車鉄道(ばしゃてつどう)が敷設され、さらに明治32年(1899年)に東武鉄道(とうぶてつどう)が開通すると、 草加は次第に停車場(ていしゃば=現在の駅)を中心とした街として、新たな発展を遂げるようになりました。
そして、それまでの農業中心であった草加市域には、草加せんべいや浴衣(ゆかた)、布晒(ぬのさらし)業が生まれ、さらにレンガ・皮革業などの転入によって特色ある地場産業が栄えることとなりました。
また、第二次世界大戦前後から化学・製紙関連業なども相次いで進出し、県下有数の工業都市へと変貌していきました。

草加市の誕生から昭和・平成、そして令和へ

昭和30年(1955年)、草加町・谷塚町(旧谷塚村)・新田村による町村合併(ちょうそんがっぺい)の結果、 新生草加町が誕生し、その後の編入・分離によって現在の市域がほぼ確定しました。そして昭和33年(1958年)11月1日には、県下21番目に市制(しせい)を施行し、その後は大規模な住宅団地の造成、地下鉄の相互乗り入れなどを受けて人口は急増し、都市化が急激に進行しました。

さらにその後の昭和・平成時代、草加市では社会・経済情勢の変動を見据えながら東武鉄道の高架複々線化、東京外かく環状道路の建設、綾瀬川の改修、草加駅前や谷塚駅前の再開発など大規模プロジェクトによる取組が功を奏し、治水(ちすい)や都市基盤(としきばん)の整備が進みました。

そして令和の時代を迎えた草加市は、今まで以上に町並みの活性化や賑わいづくり、新たな住民連携・協働(きょうどう)を進めながら、改めて「このまちに住み続けたい」「このまちで子どもを育てたい」「このまちを訪れたい」と実感できる「だれもが幸せなまち 草加」の実現を目指していくこととなり、今まさに、邁進(まいしん)しているところです。

出典 草加市公式サイト


【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

草加市の名所、人気の観光スポット、有名人

草加宿

草加宿の特徴

日光街道、日本橋から2つ目の宿場で、埼玉県に入って最初の宿場。日光街道の成立から少し遅れて1606年、大川図書という人が付近の住民とともに道筋を改修し、その後こここが宿場として認められました。大川図書の屋敷跡は現在小学校となっており、宿場内の東福寺には墓があります。

宿場の北は綾瀬川沿いに松並木が続いています。1683年の綾瀬川改修の折に植えられたものの名残と言われ、旧建設省の日本の道100選に選ばれています。

出典 街道なう

所在地:埼玉県草加市住吉1丁目13-10

地図↓

草加宿 清水本陣跡 · 〒340-0014 埼玉県草加市住吉1丁目13−10
★★★☆☆ · 史跡

草加松原

草加松原の特徴

おくのほそ道の風景地 草加松原

草加松原は、草加市の中心部を南北に流れる綾瀬川右岸沿いの遊歩道の東西に、約1.5キロメートルに及ぶ松並木です。日光街道第2の宿場だった旧草加宿の北側に位置し、一説では、天和3年(1683年)の綾瀬川開削に伴い街道が整備された際に松は植えられたと伝わり、江戸時代から日光街道の名所として知られてきました。
貞享5年(1688年)、松尾芭蕉は隅田川のほとりにあった芭蕉庵を引き払い、翌年の元禄2年(1689年)3月27日(今の暦で5月16日)に『おくのほそ道』の旅に出ました。舟で千住へ至り、その後は徒歩で日光街道を北上。草加宿は『おくのほそ道』の作品中にも登場します。松並木は、その草加宿の北側にあって、街道を行く人々を見守ってきました。戦後、昭和40年代(1965年から1974年)には、根元を通行する車両の排気ガスや道路舗装による根の切断などにより、著しく本数を減らしましたが、市はもちろん、地元の人々や埼玉県(SSR埼玉シンボルロード整備計画)による保護の取組の結果、平成24年(2012年)には古木・若木合わせて634本の松並木が復活するに至りました。
現在は、市道及び都市公園「草加松原公園」として整備され、訪れる人々の憩いの場となっています。
草加松原は、芭蕉の一行が通過した頃からその後の時代にかけて松が植え足され、街道の両側に今や長さ1.5キロメートルもの並木にまで成長を遂げました。幹回りが約2メートルにも及ぶ複数の老樹を含め、川に沿って線状に延びる並木道の風景は壮観であり、今なお『おくのほそ道』の時代の雰囲気を伝える一連の風致景観の一つとして、評価されました。

出典 草加市公式サイト

所在地:草加市栄町一丁目、草加市栄町二丁目、草加市栄町三丁目、神明二丁目

地図↓

草加松原遊歩道─おくのほそ道の風景地 · 〒340-0013 埼玉県草加市
★★★★☆ · 景勝地

草加神社

草加神社の特徴

日光街道・奥州街道の宿場町「草加」に鎮座する草加神社

当社は安土桃山時代の天正年間頃(1573年~1585年)に、武蔵國三之宮なる大宮氷川神社の御霊を分け戴きて小祀を祭りしに起縁します。
寛永7年(1630年)に草加宿は千住宿に次ぐ、江戸・日本橋から数えて2番目の宿場として誕生しました。
当社は草加宿が整備されるとともに崇敬を集め、享保2年(1717年)神階正一位の宣旨を賜り、文政(力石)、嘉永(本殿修造)、文久(手水舎)の建造物の銘から、江戸中期より後期にかけ現在の境内様相になったともの推察されます。

草加松原(国指定名勝)の総鎮守として

正徳3年(1713年)草加宿に宿場の鎮守様として神明宮を建立以降、それに伴い各村々(北草加村・与左衛門新田・弥惣右衛門新田・谷古宇村・立野村・宿篠葉村・吉笹原村・原島村)に鎮守様を祀り、当社は南草加村の鎮守様として祀られておりました。
明治40年(1907年)政令により当時の草加町内に御鎮座する諸神社十一社を当社に合祀し、明治42年(1909年)4月6日に社号を氷川神社改め草加神社と改称し文字通り、草加総鎮守の役割を担っております。

御祭神は素盞鳴命・櫛稲田姫命二柱の大神様。
境内にある末社を含めると十四柱の神様がお祀りされています。

出典 草加神社公式サイト

所在地:埼玉県草加市氷川町2118-2

地図↓

草加神社 · 〒340-0034 埼玉県草加市氷川町2118−2
★★★★☆ · 神社

東福寺

東福寺(真言宗智山派)の特徴

草加の旧日光街道には、東福寺(とうふくじ)さんと呼ばれ親しまれているお寺があります。本堂・山門・鐘楼は江戸時代後期の建物で、本堂内外陣境の彫刻欄間や、山門、鐘楼は市の指定文化財に指定されています。草加駅からも近いので、お散歩がてら歩けます。

出典 草加市公式サイト 東福寺公式サイト

所在地:埼玉県草加市神明1丁目3-43

地図↓

東福寺 · 〒340-0012 埼玉県草加市神明1丁目3−43
★★★★☆ · 仏教寺院

そうか公園

そうか公園の特徴

そうか公園は、四季折々の樹木や草花・野鳥などを観察できる自然や修景池、芝生が心地よい自由広場などの多様な機能を持ち、草加市で最も大きな面積を有する市を代表する公園です。

出典 埼玉みどりのポータルサイト

所在地:草加市柿木町

地図↓

そうか公園 · 〒340-0001 埼玉県草加市
★★★★☆ · 公園


【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

草加市出身、ゆかりの有名人

著名な出身者

政治・行政・経済

今井宏(元衆議院議員、元草加市長)
山川百合子(草加市長、元衆議院議員、元埼玉県議会議員)
田中和明(元草加市長)
浅井昌志(元草加市長)
山田昭典(元公正取引委員会事務総長、国民生活センター理事長)
岩瀬大輔(ライフネット生命保険代表取締役社長、新経済連盟理事):育ちはロンドン及び佐倉市
谷古宇勘司(埼玉県議会第101代議長)

文化・学術・芸術・宗教

豊田三郎(小説家・森村桂の父親)
長嶋有(小説家)
6代目三遊亭圓雀(落語家)
当代三遊亭楽大(落語家)
麦倉忠彦(彫刻家、新制作協会会員)
會田勝美(東京大学農学部長、日本学術振興会監事、草加市教育委員会委員)
藤森健太郎(歴史学者、群馬大学准教授)
宮本忠雄(自治医科大学精神医学初代教授)
菊地直子(オウム真理教信徒)

メディア

野口敦史(元日本テレビアナウンサー)
矢内環(アナウンサー)
林弘典(関西テレビアナウンサー)
井田香菜子(NHKアナウンサー)

スポーツ選手

神野卓哉(元横浜マリノスFW、元サッカー日本代表)
雪江悠人(福島ユナイテッドFCFW)
小林宏之(元埼玉西武ライオンズ投手、元野球日本代表)
増渕竜義(元北海道日本ハムファイターズ投手)
古川祐樹(元読売ジャイアンツ投手)
永井敦士(元広島東洋カープ外野手)
並木秀尊(東京ヤクルトスワローズ外野手)
谷山莉奈(元埼玉アストライア投手)
勝又英樹(元プロバスケットボール選手:生まれは宮城県
鹿野洵生(バスケットボール選手・信州ブレイブウォリアーズ所属)
初代 柏戸宗五郎(江戸時代の力士)
牛若丸悟嘉(元大相撲力士)
コウジ有沢(元プロボクサー)
カズ有沢(元プロボクサー)
三瓶数馬(プロボクサー)
波田大和(プロボクサー)
KENTA(プロレスラー)
橋本和樹(大日本プロレス)
弓李(元女子プロレスラー、元アイスリボン)
稲田法子(元競泳選手、バルセロナ・シドニー・アテネオリンピック出場)
加藤凌平(体操選手、ロンドンオリピック出場)
宇野弥生(競艇選手)

芸能

奥村愛子(歌手)
菊池麻衣子(女優)
立川俊之(大事MANブラザーズオーケストラボーカル)
中島はるみ(女優)
ヘンリー大川(俳優)
本名陽子(声優)
百千糸(タレント、元宝塚歌劇団宙組娘役)
森尾由美(女優)
山口達也(元TOKIO)
きょん(お笑い芸人、コットンのメンバー)
寒空はだか(ピン芸人)
寺田寛明(ピン芸人)
高橋紫微(フルート奏者)
Yoshihiro Nozaki(My Material Seasonドラマー・ピアニスト)
矢柴俊博(俳優)

ゆかりある人物

青島健太(スポーツキャスター、元慶應義塾大学・東芝・ヤクルトスワローズ内野手):6歳から高校卒業まで市内在住※生まれは新潟市中央区
内村航平(体操選手、ロンドンオリンピック金メダリスト):市内在住
加奈山径(小説家):一時期居住していた
金田龍之介(俳優):市内の病院で長逝
香納諒一(小説家):一時期居住していた
飯田高子(バレーボール選手):市内在住、草加市バレーボール連盟副会長
後藤明生(小説家):一時期居住していた
近藤経一(小説家、劇作家、ゴルフ評論家):長逝まで居住※生まれは東京都
曽我廼家鶴蝶(女優、曾我廼家五郎最後の弟子):長逝まで居住※生まれは大阪府
滝原章助(画家):市内在住
武田幸三(キックボクサー、俳優):市内在住
田中佑典(体操選手、ロンドンオリンピック出場):市内在住
田丸美寿々(ニュースキャスター):一時期居住していた
第二十九代 式守伊之助(立行司):長逝まで居住※生まれは和歌山県
初代 林家三平(落語家、落語協会理事):谷塚に別宅を保有していた
穂村弘(歌人、批評家):市内に在住していた
松村彦次郎(俳優):長逝まで居住※生まれは東京都
水巻善典(プロゴルファー):育ち、実家が草加市
峰竜太(タレント):一時期、初代林家三平の谷塚の別宅に居住していた
山室光史(体操選手、ロンドンオリンピック出場):市内在住

出典 ウィキペディア


”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。

草加市の名物、名店、グルメ、お土産、ブランド品

草加煎餅

草加煎餅の特徴

通説

せんべいの起源は実に古く、千数百年前といわれています。元来、日本では糯(もち)、うるちを問わず、米を蒸したものを「飯」と呼び、今の「強飯」でこれが昔の常食でした。これを搗(つ)きつぶしたものをもち(餅)といいました。餅には生餅と、乾餅(ほしもち)があり、乾餅は別名「堅餅(かたもち)」とも呼ばれて、焼いて食べる保存食として重宝がられました。そのため、戦陣に携行する兵糧でもありました。後世、この中に豆や胡麻をついて入れたり、塩味をつける製法が好まれました。これが「塩堅餅」で、これを焼いたものが後の「塩せんべい」で、草加せんべいの源流となっていきます。草加せんべいは本来この「塩せんべい」ですが、江戸時代、利根川沿岸で醤油が造られるようになると、焼せんべいに醤油を塗るようになりました。草加では、専らこの醤油せんべいが売れるので、従来の塩せんべいは醤油せんべいに代わりましたが、名前は古くからの塩せんべいと言われつづけてきました。このように醤油塗りの焼きせんべいが日光街道「草加」の名物になった理由は、良質の米が獲れ、また良質の水と良質の醤油が身近にあったためといわれ、さらに永い伝統により熟練された製造方法で造られ、長い日光街道の間食としても好まれ、値段も手ごろで軽量であったことによるものです。

俗説

草加が日光街道の宿場町として栄えていた頃、旅人相手の茶店が街道にありました。その茶店のおせんさんという女性が作って売っていたお団子が非常においしく、当時往来の人達に大変親しまれていました。このおせんさんは、商売上手な人でだんごを使った新しい商品が作れないかと考えていました。ある日、武者修行の侍が茶店に立ち寄り「おせんさん、お団子をつぶして天日で乾かして焼餅として売っては?」と教えてくれました。おせんさんは早速売り出してみたところ、お客様に好評で喜ばれ、日光街道に名物が出来たというのが、今の草加せんべいと伝えられています。

出典 草加せんべい振興協議会公式サイト

慈姑

草加市の慈姑(くわい)の特徴

くわいは主に煮食用として供されています。小さな球形から先のとがった芽が伸びている姿から「芽が出る」と、昔から縁起をかつぐものとして、おめでたい席での料理に使用されています。特に、正月のおせち料理の食材として珍重されている野菜です。

草加のくわいは金明町を中心に綾瀬川周辺で多く栽培されています。レンコンと同様に生育期間を通して水が必要となるため、水の便が良く、肥沃な粘質土壌の深い湿田が、くわい栽培に適しているのです。くわいの品種には、在来種で塊茎(かいけい)の色沢の青い物(青くわい)と、白みをおびた物(白くわい)があり、草加では青くわいが栽培されています。独特のほろ苦さ、ホクホクした食感が持ち味で、12月から1月にかけて出荷のピークを迎えます。

出典 草加市公式サイト

皮革

草加市の皮革の特徴

皮革の歴史

草加の皮革の歴史は、皮革が製造工程で大量の水を使用するため、地下水が豊富であった草加に昭和10年に皮革会社が工場を開設して以来、東京の三河島方面から続々とまとまって移転・進出したことに始まります。
第二次大戦下においては、統制品の指定を受け、操業は著しく下降しましたが、昭和25年の統制解除後は、原皮の輸入の増加に伴い活況を取り戻し、羊皮をはじめとする染色工場も増加しました。
現在では草加は素材から最終作品まで幅広く生産する、全国有数の産地となっています。

特徴

草加の皮革産業の特徴は、牛、豚、羊のほか爬虫類やシャーク(鮫)など、多種多様な素材を使用している点にあります。
製品は靴やかばん、衣料品、ランドセル、運動具など多種多様で魅力的な商品が生み出されています。
市内の皮革産業に携わる職人や企業が集まり、平成14年に「そうか革職人会」が設立され、レザーフェスタなどのイベントを通じて草加の皮革製品の普及とPRに努めています。

出典 草加市公式サイト

ゆかた

草加市のゆかたの特徴

草加のゆかたは、県の伝統的手芸工芸品にも指定されている、市を代表する特産品です。「注染」(ちゅうせん)と呼ばれる染色技法で染められる草加のゆかたの特徴は、ヤカンという道具を使って熱い染料を注いで染め抜くため、表裏ともに色がつくことと、伝統工芸士の手によって作り出される微妙な色合いにあります。

「草加市民まつり」で行われる「草加さわやかさんコンテスト」の出場者は皆このゆかたを身に着けており、毎年違った色やデザインで会場をはなやかに盛り上げています。

出典 草加市公式サイト

地球儀

草加市の地球儀の特徴

埼玉県草加市
この町に、世界に誇れるモノがある

それは、一つ一つ丁寧に手作りされる「地球儀」。

作っているのはここ「株式会社 渡辺教具製作所」。
昭和12年創業 従業員8名の町工場だ。

まずは、世界地図が印刷されている紙を丸い地球儀の形に合うよう18枚の紡錘形に切り揃えていく。

その後一枚一枚貼っていくのだが・・・

ここで、まち・モノポイント!

職人による手貼り。

地図にのりづけをし、プラスチックの球体に緯度や文字のずれが無いよう赤道を中心に両極に向け正確に貼っていく。
0.1ミリの違いも許されない、高度な技が要求されるのだ。

その後、小型のアイロンを使い空気やしわを取り除き、特殊な溶剤を吹きかけて、つやだしや強度を増すための塗装を施していくのだ。

そして、枠組みを作り球体を取り付ければ完成。

こうして、作られた地球儀はその完成度の高さを認められ多くの学校や施設で使われているのだ。

そう、この町にも世界に誇れるモノがあった。

出典 TBS公式サイト

麺屋時茂

麺屋時茂の特徴

濃厚な鶏白湯スープの鶏白湯ラーメンが人気のラーメン屋さん。

住所:埼玉県草加市高砂2-5-5
お問い合わせ:

口コミ

草加の鶏白湯No. 1

草加で鶏白湯を食べたいなと思ったら、是非この店を選んで欲しい。
ここの濃厚な鶏白湯は優しい味で口当たりが良いです。
そしてつけ汁を冷まさないよう工夫がされていて、食べ終わるまで熱々つけ汁を楽しめます!
チャーシューは軽く温めて食べてね。いつまでも、汁に入れてると肉が固くなります。
最後はスープ割りでコラーゲン補給!
つけ麺マニアの方も是非

出典 食べログ

ニュールドリ

ニュールドリの特徴

ランチのバイキングが人気のインド料理店。本格的なインドカレーがリーズナブルなお値段でいただけます。

住所:埼玉県草加市谷塚1-21-1 メルヘンシャトー草加 1F
お問い合わせ:048-951-2636

口コミ

ハイコスパ!美味しいカレーをいただけるお店

草加にあるインド料理店。
こちらのお店、カレーを中心とした料理を提供してくれますが、お昼はビュッフェ形式。食べ放題です。
そして、お値段は1290円。この値段で、大丈夫か?と少し心配になりつつも訪問しましたが、心配はご無用。しっかりとした料理を提供してくれます。
この日は、バターチキン、チキン、マトン、ほうれん草の4種類のカレーのほか、サラダ、タンドリーチキン、スパイスパスタ、フライドポテトとサイドメニューも結構充実しています。
カレーはかなり本格的で、具材もしっかりと入っています。
クオリティは高いです。
また、サイドメニューも美味しいです。特にタンドリーチキンが食べ放題にあるのがびっくり。しっかりとスパイスとヨーグルトがしっかりと練りこまれており、美味です。
ハイコスパなお店で、おすすめです。

出典 食べログ

いけだ屋の草加せんべい

【いけだ屋】埼玉名産・特産品草加せんべいのいけだ屋

いけだ屋の草加せんべいの特徴

江戸末期の創業以来、草加せんべいの伝統の味を大切に、醤油・お米・天然地下水にとことんこだわり、いけだ屋独特の味を造り続けてまいりました。
素材にこだわった美味しさが、私たちの誇りとする「本場の草加せんべい」です。
草加せんべいの歴史、当店ならではの製造方法、さまざまな販売拠点のご紹介など、多彩な情報をご用意しております。

草加せんべいの歴史

手前どもいけだ屋は、正確にはいつからかは分かりませんが、もともとは参勤交代でにぎわう奥州街道草加宿の街道沿い(現在本店のある旧日光街道を挟んで反対側)に“おうめだんご”という屋号で、茶店を営んでおりました。

草加せんべいの起源は非常に古く、数百年前にさかのぼると伝えられていますが、その発祥は「おせん」という老婆が、あまっただんごを焼いたことにはじまるとされています。以来、草加は二合半領という穀倉地帯でできる、良質な米と天然の良水(いまでもいけだ屋は草加唯一の天然地下水利用可能許可工場です)に恵まれ、さらには江戸川流域での醤油の誕生とが重なって、その名を全国に知られることになりました。

当店の初代相澤岩吉の随時所感的な日記(残念ながら平成7年2月火事のため焼失)によると、江戸末期の慶応元年(1865年)に「せんべいを主とした商いに移行する」と記されておりました。この年を手前どもはせんべい屋の創業と考えております。

岩吉は、浅草の商家から池田国蔵を養子に迎え入れ、そのまま池田姓を名のらせました。以降、屋号を二代目国蔵より“いけだ屋”と変更し、現在の基礎が確立しました。国蔵は、街道筋の小売にあきたらず、いちはやく東京という大市場に目を向け、せんべいの生地の卸出荷をはじめました。

大正12年9月の関東大震災で、被災者が数多く出ました。さいわいいけだ屋は被災を逃れましたが、米蔵にあった米をすべて炊き出しに使い、店の前を行き交う被災者の方々に無償でおにぎりを配った、という国蔵の逸話が文献に残っています。

三代目岩松は、晩年は県議・市長を勤めた人ですが、この人がいたからこそ“草加せんべい”が全国的に有名になったといっても過言ではないでしょう。岩松は、昭和7年に市内に200軒以上もあったせんべい屋を束ね、草加せんべい商組合を結成し、「草加せんべい」の意匠登録を行い、昭和16年には草加せんべい有限会社を設立しました。

しかしその後、日本は第二次世界大戦に突入し、昭和19年には、せんべいなど米を使った事業すべてに、強制廃業命令書が出されてしまいました。その後、昭和26年に委託加工が許可されるまでの7年間、いけだ屋をはじめ草加の街には一軒もせんべい屋が存在しませんでした。過去100年以上の歴史をもついけだ屋がその事業を断たれたのは、後にも先にもこの戦争を挟んだ7年間だけです。

しかし、この7年の空白は「草加せんべい」の意匠登録を妨げ(戦後は法改正のため地名を使った意匠登録は不許可)、以来、今日まで「草加せんべい」の名称は全国的に使用可能なものになり、手前どもとしては皮肉なことではありますが、結果的にはその知名度を高めることに大いに役立ちました。

手前どもいけだ屋は、本場草加せんべいを自負し、どこにも負けないお客様に喜んでいただける商品を、これからも作り続けてまいります。

出典 いけだ屋公式サイト

住所:埼玉県草加市吉町4-1-40
お問い合わせ:048-922-2061

口コミ

おじさん評価No.1の草加煎餅

1月の日曜日、埼玉の実家に帰る用事あり、寄り道して草加市にある草加煎餅のいけだ屋さんに突撃。少し昔に草加市内のお煎餅屋さんをまわって手焼き煎餅を買い漁り、どの煎餅屋さんが美味いのか比べたことあるのですがこちらのいけだ屋さんが我が家では1番となり、それからはこちらの煎餅を買い求めております。手焼き煎餅はやはり機械焼きでは表現出来ない焼き加減、風味があるように思います。いけだ屋さんの他の煎餅も購入しますが炭火手焼き煎餅にはかないません。また来たいか?100%(また来ますね)。ごちそうさまでした。

出典 食べログ

通販でお取り寄せ出来るいけだ屋の草加せんべい

通販でお取り寄せ出来る草加せんべい

埼玉県のお土産、特産品を楽天で探す

埼玉県のお土産、特産品をアマゾンで探す

埼玉県のお土産、特産品をヤフーショッピングで探す


”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。

埼玉県のこと、もっと知りたい!

【ゆっくり解説】埼玉県!これを見たらダ埼玉だと言えなくなる!?県民にも見てほしい魅力的な埼玉解説

埼玉県は素敵!

埼玉県各地の特徴と魅力

さいたま市
西区
北区
大宮区
見沼区
中央区
桜区
浦和区
南区
緑区
岩槻区
川越市
熊谷市
川口市
行田市
秩父市
所沢市
飯能市
加須市
本庄市
東松山市
春日部市
狭山市
羽生市
鴻巣市
深谷市
上尾市
草加市
越谷市
蕨市
戸田市
入間市
朝霞市
志木市
和光市
新座市
桶川市
久喜市
北本市
八潮市
富士見市
三郷市
蓮田市
坂戸市
幸手市
鶴ヶ島市
日高市
吉川市
ふじみ野市
白岡市
北足立郡
伊奈町
入間郡
三芳町
毛呂山町
越生町
比企郡
滑川町
嵐山町
小川町
川島町
吉見町
鳩山町
ときがわ町
秩父郡
横瀬町
皆野町
長瀞町
小鹿野町
東秩父村
児玉郡
美里町
神川町
上里町
大里郡
寄居町
南埼玉郡
宮代町
北葛飾郡
杉戸町
松伏町

埼玉県のお土産

通販でお取り寄せ出来る埼玉県のお土産、高級な手土産、特産品、名物

埼玉県の食卓

埼玉県の郷土料理、家庭料理、ソウルフードの種類と特徴

埼玉県のお米

埼玉県産の銘柄米の種類と特徴

埼玉県の牛肉

埼玉県産の銘柄牛肉の種類と特徴

埼玉県の豚肉

埼玉県産の銘柄豚肉の種類と特徴

埼玉県の鶏肉

埼玉県産の銘柄鶏肉の種類と特徴

埼玉県のフルーツ、果物

埼玉県産のフルーツ、果物の種類と特徴

埼玉県のスイーツ、お菓子

埼玉県のスイーツ、お菓子の種類と特徴

埼玉県の日本酒、地酒

埼玉県の日本酒、地酒の種類と特徴

埼玉県の地ビール、クラフトビール

埼玉県の地ビール、クラフトビールの種類と特徴

タイトルとURLをコピーしました