行田市の人気スポット 名物 美味しいもの お土産 行田はこんなに素敵なところ!埼玉県行田市の魅力

スポンサーリンク
行田花手水week

世界最大の田んぼアート、埼玉古墳群(国指定特別史跡) 、忍城址、行田八幡神社、行田花手水week、足袋蔵、古代蓮の里、水城公園、石田堤、前玉神社、十万石まんじゅう、行田の足袋、旧忍町信用組合店舗(VERT CAFÉ)、カフェ 閑居古代蓮の里..

こちらでは埼玉県行田市の名所、人気の観光スポット、パワースポット、有名なもの、有名人、名物、特産品、名産品、お土産、高級な手土産、ブランド品、通販でお取り寄せ出来るご当地グルメ、美味しいもの、銘菓、和菓子、洋菓子、スイーツ、名店、ランチにおすすめのお店、レストラン、カフェ、パン屋等、行田市のお役立ち情報、特徴、魅力を動画、画像とともにご紹介します。


”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。

イギーくん
イギーくん

ねえねえボンゾくん、こんど埼玉県の行田市に行くんだけど、どんな特徴や魅力があるところなのかなあ?行田についていろいろ教えてよ!特に美味しいものが知りたいなあ!

ボンゾくん
ボンゾくん

行田市には素敵なところや有名なもの、美味しいものがたくさんあるよ!世界最大の田んぼアート、埼玉古墳群(国指定特別史跡) 、忍城址、行田八幡神社、行田花手水week、足袋蔵、古代蓮の里、水城公園、石田堤、前玉神社、十万石まんじゅう、行田の足袋、旧忍町信用組合店舗(VERT CAFÉ)、カフェ 閑居古代蓮の里なんかがおすすめだね。それじゃあイギーくんと一緒に行田市のこと、詳しく調べてみようね!

行田市について

行田市日本遺産探訪 第1回「日本遺産ってなに?」

行田市日本遺産探訪 第2回「栗代蔵」

埼玉県行田市は、国宝「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」が出土した稲荷山古墳をはじめ、日本最大の円墳である丸墓山古墳など、9基の大型古墳が群集する「埼玉古墳群」を有し、埼玉県名発祥の地として知られています。

また、市内には悠久の眠りから目覚め開花した古代蓮など42種類約12万株の蓮の花が咲く「古代蓮の里」、江戸時代の忍藩十万石の城下町を今に伝える「忍城址」のほか、足袋の産地を物語る「足袋蔵」が点在する風情ある街並みなど、豊かな自然と歴史が息づくまちです。

出典 行田市公式サイト

行田市の地勢、交通

行田市は、東京都心から約60km、埼玉県の北部で、北は利根川、南は荒川の二大河川が流れている肥沃な関東の穀倉地帯に位置しています。

幹線道路は、首都圏及び上越方面を結ぶ国道17号が市内南西部を南北に、埼玉県と茨城県を結ぶ国道125号が東西に横切っているほか、東には東北自動車道、西には関越自動車道が整備されています。鉄道は、市の中央部を東西に秩父鉄道本線が通り、近隣市への交通機関になるとともに、東京や県南方面に対しては、市南西部にJR高崎線行田駅があり、都心まで約1時間程度の通勤圏となっています。

出典 行田市公式サイト

世界最大の田んぼアート

水田に現れた「翔んで埼玉」 世界最大の田んぼアート、行田

世界最大の田んぼアートの特徴

お米の産地である行田市の水田を彩る初夏から秋の風物詩として定着した田んぼアート。

水田をキャンバスに見立てて、色彩のことなる複数の稲を使い、絵や文字を表現するこの取組みは、行田の観光スポットとして脚光を浴びています。

約2.8ヘクタールの大きさを誇り、平成27年には「世界最大の田んぼアート」として、ギネス世界記録にも認定されました。

この田んぼアートは、6月中旬に田植えを行い、10月中旬に稲刈りを行います。

見ごろは、7月中旬から10月中旬までで、隣接する古代蓮会館展望室からご覧いただけます。

行田を訪れた際は、是非、お立ち寄りいただき、壮大なスケールからなるアートをご堪能ください。

出典 行田市公式サイト

住所:行田市小針2375番地1

地図↓

Google マップ

埼玉古墳群

【公式】さきたま空中ガイドツアー「VR埼玉古墳群」 Sakitama Aerial Guided Tour: VR Sakitama Burial Mounds

埼玉古墳群(国指定特別史跡)の特徴

埼玉県名発祥の地、行田市大字埼玉(さきたま)にあり、5世紀後半から7世紀はじめころまでに作られた9基の大型古墳が群集している公園です。

令和2年に国の特別史跡に指定されました。

約30haの古墳公園内には、国宝「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」などが展示されている「県立さきたま史跡の博物館」や、はにわ作り体験ができる「はにわの館」などがあり、古代のロマンを堪能できるスポットとして多くの人で賑わっています。

出典 行田市公式サイト

住所:行田市埼玉4834

地図↓

Google マップ

忍城址

忍城址の特徴

関東七名城の一つとされる忍城は、室町時代の文明年間(1469年~1486年)の初め頃に築城されました。時は戦国時代の終わり、豊臣秀吉の関東平定に際して、石田三成らによる水攻めにも果敢に耐えたことから「浮き城」の別名が生まれたと伝えられています。

現在の忍城御三階櫓は、明治維新の際に取り壊されたものを再建したもので、最上階からは市内の景色が一望できます。

昭和63年に開館した郷土博物館は、かつての忍城本丸跡地にあり、『行田の歴史と文化』をテーマとした展示を行っています。

出典 行田市公式サイト

住所:行田市本丸17-23

地図↓

Google マップ

行田八幡神社

行田八幡神社の特徴

行田八幡神社は、「封じの宮」と称され、子供の夜泣きやかんの虫を封じる虫封じをはじめ、癌の病、難病や悪癖の封じ、お年寄りのぼけ封じなどの封じ祈願が秘法として継承されています。

境内には「目の神社」をはじめ、湿疹・美肌の神「瘡守(かさもり)稲荷社」、忍城七福神「大国主(おおくにぬし)神社」などが祀られています。

近年は「なで桃」がパワースポットとして知られ、病難・災害避けの神としても有名です。

出典 行田市公式サイト

住所:行田市行田16-23

地図↓

Google マップ

行田花手水week

行田花手水weekの特徴

2020年春は自粛生活が続くなど苦しい時期でしたが、そうした時にも「参拝に訪れる方々に癒しを提供したい」という思いから、同年4月より行田八幡神社で花手水が始まりました。

この取組みは市内の前玉神社にも広がり、さらには、花手水を楽しみに訪れる方々に地域全体でおもてなしをしたいという思いから、同年10月より神社だけでなく、商店や民家の軒先にも花手水を飾る『行田花手水week』が毎月1日~14日(11月と1月は15日~末日まで)の期間限定で開催しています。

そして、2021年4月からは『希望の光』をテーマに花手水のライトアップイベントも開催しています。

出典 行田市公式サイト

足袋蔵

足袋蔵の特徴

関東平野の中央部に位置する行田市は、日本一の足袋生産地として知られ、足袋産業全盛期を偲ばせる足袋の倉庫「足袋蔵」が今も数多く残る“足袋のまち”です。表通りに土蔵造りの見世蔵が建ち並ぶ“蔵のまち”は各地にありますが、行田はそうした“蔵のまち”とは異なり、足袋蔵のほとんどが裏通りに建てられています。蔵の造りも土蔵造りだけではなく、石造、煉瓦造、モルタル造、鉄筋コンクリート造、木造と多彩です。いつどのようにして「足袋蔵の町並み」が形成されたのでしょうか。

足袋づくりの始まり

利根川、荒川の2大河川に挟まれた行田市周辺地域では、両河川の氾濫で堆積した砂質土、豊富な水、夏季の高温が綿や藍の栽培に適していたことから、近世になると藍染の綿布生産が盛んになり、これを原料に行田のまちで培われた縫製技術を活かして、足袋づくりが始まりました。

行田足袋については、「貞享年間亀屋某なる者専門に営業を創めたのに起こり」との伝承があり、享保年間(1716~1735)頃の「行田町絵図」に3軒の足袋屋が記されていることから、18世紀前半には生産が始まっていたと思われます。享保年間に忍藩主が藩士の婦女子に足袋づくりを奨励したとの伝説があるように、その後足袋づくりは盛んになり、明和2年(1765)の「東海木曽両道中懐宝図鑑」に「忍のさし足袋名産なり」と記されるまでに、広く知られるようになりました。足袋には株仲間がなく、取引が比較的自由に行えたことから、足袋づくりは益々盛んになり、天保年間(1830~1844)頃には27軒もの足袋屋が、行田のまちに軒を連ねるようになりました。

足袋産業の発展と足袋蔵の建設

近代に入ると足袋は大衆化して需要が拡大し、行田の足袋商人は東北地方や北海道に直接赴いてさらに販路を広げると共に、軍需用の足袋の生産にも携わり、他の産地を圧倒してゆきます。足袋づくりには作業工程ごとに専用の特殊ミシンが導入され、日露戦争の好景気を契機に足袋工場建設ブームが起こって、敷地の裏庭に工場が建てられてゆきます。

生産量が増えると、出荷が本格化する秋口まで製品を保管して置く倉庫として足袋蔵が必要になり、既存の土蔵の転用と共に、敷地の一番奥に足袋蔵が数多く建てられるようになりました。

石田三成の水攻めに耐えた忍城の城下町であった行田は、近世前半に城と城下町の整備が行われ、間口の広さに応じて各家に税が課せられたので、間口が狭く奥行きが長い短冊型の敷地が通り沿いに並ぶ町割りが形成されていました。近世の行田は、鴻巣·吹上から館林へと続く館林道·日光脇往環の宿場でもあったので、馬の世話を行う裏庭とそこに通じる路地が家々の間に設けられていましたが、近代になって馬の世話の必要 がなくなり、遊休化した裏庭に足袋工場と足袋蔵が建てられていったのです。

こうして短冊形の敷地に、北風に備えて北西方向のみを塗り壁にしたり、北西方向の窓を極端に少なくしたりといった防火・防寒対策を施した店舗·住宅、接客用の中庭、工場、足袋蔵、火除けを願う屋敷稲荷が表から列状に並ぶ、足袋商店特有の建物配置が形作られました。

行田の足袋蔵は、遅くとも江戸時代後期頃には建てられ始めていたようで、弘化3年(1846)の大火の際に足袋蔵が延焼を食い止めています。足袋蔵は商品や原料を扱いやすいよう壁面に多くの柱を建てて中央の柱を少なくし、床を高くして床下の通気性を高めるなど、内部の造りに特徴があります。足袋蔵の建設が本格化する明治30年代頃までは、純和風の土蔵が建てられていましたが、明治時代の末頃からは土蔵の小屋組みに洋風建築技術が導入され、土蔵だけでなく石蔵も建てられるようになりました。大正時代に入ると大型の足袋蔵も建てられるようになり、大正時代末には鉄骨煉瓦造の足袋蔵が現れました。昭和に入ると鉄筋コンクリート造、モルタル造、木造の足袋蔵も現われ、大小様々な他種多様の足袋蔵が昭和戦前期には建てられました。戦後は木材不足から石蔵が主流となり、昭和30年代前半まで足袋蔵の建設は続けられました。

行田の足袋蔵が他の“蔵のまち”と違って多種多様であるのは、このように100年以上もの長きに渡って、新しい建築様式を取り入れながら足袋蔵が建てられ続けたからなのです。そしてその背景には、生産量が増加しても企業統合等による大企業化には進まず、逆にのれん分けして次第に足袋商店と足袋蔵が増加、ピーク時には200社以上の中·小規模の足袋商店が共存して一大産地を形成していた、行田の足袋産業ならでは特色があったのです。

日本一の足袋のまち

東北·北海道に販路を伸ばした行田の足袋商店は、「力弥足袋商店」なら八戸、「道風足袋商店」なら尾去沢鉱山といったように、問屋を通さずに各々が地域単位で独占的な販売網を築き、強調しながら販路をやがて全国そして海外へと広げていきました。

この頃の行田の人々は、老若男女を問わず皆が寝食を惜しんで工場や家庭で足袋づくりに励み、まち全体にミシンの音が響き渡っていました。寸暇を惜しんで働く女工さんの間で、手軽に食べられるおやつとしてお好み焼きに似た「フライ」、おからのコロッケとも言える「ゼリーフライ」が流行し、地域の食文化として定着しました。また、販売先への手土産として奈良漬が好まれ、行田の名物となりました。

こうして最盛期の昭和13~14年には、全国の約8割の足袋を生産する日本一の産地となり、「行田音頭」の歌詞に「足袋の行田を想い出す」とあるように、「足袋の行田か行田の足袋か」と謳われる“日本一の足袋のまち”になったのです。

継承され発展する足袋蔵のまち

靴下が普及した現在も、行田では足袋の生産が続けられており、日本一の産地として新製品を国内外へと発信し続け、「足袋と言えば行田」と多くの方に親しまれています。

足袋産業で繁栄していたことを象徴する多種多様な足袋蔵も約80棟が現存し、時折流れるミシンの音と共に、裏通りに趣きのある足袋蔵のまち並みを形成しています。そしてその再活用が、まちに新たな彩りを加え始めています。

出典 行田市教育委員会公式サイト

古代蓮の里

古代蓮の里の特徴

6月中旬から8月上旬にかけ42種類12万株の花蓮が蓮池一面に咲きます。花弁の数が少ない原始的な形態を持つ行田蓮(古代蓮)は、約1400〜3000年前の蓮であると言われています。花蓮は午前中が見頃となります。

園内には他にも水生植物園、水鳥の池、牡丹園、梅林、桜の木のあるお花見広場があり、年間を通して自然の美に触れることができます。

出典 埼玉県物産観光協会公式サイト 古代蓮の里公式サイト

所在地:行田市小針2375-1

地図↓

古代蓮の里 · 〒361-0024 埼玉県行田市小針2375−1
★★★★☆ · 公園

水城公園

水城公園の特徴

忍城の外堀の沼を利用して整備された公園です。

浮き釣りも楽しむことができる「しのぶ池」や、薄紫色の絨毯を敷きつめたかのようなホテイアオイが美しい「あおいの池」などがあり、心がなごむ癒しの場となっています。

出典 行田市公式サイト

所在地:行田市水城公園1249

地図↓

〒361-0053 埼玉県行田市水城公園1249
〒361-0053 埼玉県行田市水城公園1249

石田堤

石田堤の特徴

この堤は、天正18年(1590年)6月、忍城水攻めの際に石田三成によって築かれたことから、石田堤と呼ばれています。

天正18年3月に始まる豊臣秀吉の関東平定に伴い、北条氏に味方する成田氏の居城である忍城は、同年6月、石田三成、大谷吉隆、長束正家らによって包囲されてしまいます。

石田三成らは、地形を見て忍城を水攻めすることにし、全長28キロメートルに及ぶ堤をわずか一週間で作り上げたと言われています。実際には自然堤防や微高地を巧みにつなぎ合わせたものと思われ、現在残っているこの堤も、自然堤防上に1~2メートル程盛土をしたものです。

こうして堤が完成し、利根川や荒川の水を引き入れましたが、地形的に忍城や城下町よりも現在の下忍や堤根方面に水が溜まってしまい、遂には堤が決壊し、水攻めは失敗に終わります。しかし、北条氏の降伏により、忍城は開城することになりました。

現在は市内堤根に約282メートルの堤を残すのみですが、江戸時代は堤に沿って日光裏街道が通じており、堤に植えられた松並木に往時を偲ぶことができます。

出典 行田市公式サイト

所在地:埼玉県行田市堤根1251-1

地図↓

https://maps.app.goo.gl/yixdDqwzUGRyb2fU6

前玉神社

前玉神社の特徴

前玉神社は埼玉県行田市、さきたま古墳群に隣接する神社です。高さ8.7m、周囲92mほどの浅間塚と呼ばれる古墳上に建てられております。ご祭神は前玉彦命・前玉姫命の二柱であり、人の身を守り、幸福をもたらす神様が祀られています。

前玉神社はその昔、「幸魂神社」と書きました。
魂が幸せになる神社として、人と人の縁(えん・えにし)、特に男女の縁である恋愛成就や夫婦円満は幸せな人生を送るために最も大切なこととして、遠い昔からずっと、人々に祈願されていたのです。

出典 前玉神社公式サイト

所在地:埼玉県行田市埼玉5450

地図↓

https://maps.app.goo.gl/D1bT8mxxDhSSZdSY8

十万石 行田本店の十万石まんじゅう

十万石 行田本店の十万石まんじゅうの特徴

『うまい、うますぎる』(十万石まんじゅう)

小豆一粒、米一粒への熱いこだわりから生まれます。

『十万石まんじゅう』の味わいを決めるといっても過言ではないのが「あん」作りです。
前提条件の一つは、小豆の産地を北海道十勝地方に固定すること。
更に二つめはエリート小豆であること。
「虫食いや割れがない」のみならず、大粒にそろっていることが大切です。
なぜなら、水に浸してアク抜きしますが、小粒であったり、シワがあったりすると当然皮の表面積が増え、アク抜きを多くする必要が生じます。
また、粒が不揃いですと煮えを完全にするために余計な火入れをすることにもなります。
これらは、いずれも小豆の風味を損なうことになります。
十万石では、単に「北海道十勝産」だけではエリート小豆とはいえないのです。

特別精製高純度ザラメ糖

三つめは、エリート小豆の風味を最大限活かすことの出来る砂糖の特別精製を厳選すること。
純度の高いクセのない甘さの白ザラメ糖は、精製に手間暇かかるうえ高い技術が必要なため非常に高価なものになりますが、十万石は市販の砂糖では妥協しません。

以上三つの前提条件が揃って初めて、『十万石まんじゅう』の手抜きのない「あん」作りができるのです。

厳選した国内産つくね芋

「山芋」のことを「薯蕷(じょうよ)」といい、皮生地に「山芋」をつかった饅頭を「薯蕷(じょうよ)饅頭」といいます。
しっとりとした風味豊かな味わいで、お茶席の心尽くしの菓子として育てられました。
華やかな練切菓子等にもひけをとらない贅沢な饅頭でございます。
「山芋」のコシの強弱によってその出来具合が決まる「薯蕷(じょうよ)饅頭」。『十万石まんじゅう』のしっとりなめらかな白い肌は、並大抵のコシでは得ることができません。
全国の産地、種類を探し辿り着いたのが、見た目は無骨でも、風味天下一品で高級料亭でしかお目見えしない高価で希少価値の高い国内産大和芋「つくね芋」でした。
すりおろした時のコシが格段に強く、澱粉質が少なく、たんぱく質が多く含まれ、消化を助ける酵素も多く、生で食する程のスタミナ健康食品でもあります。
種類を限定しない生の「山芋」を確保するのも大変な実情の中、この最高材料の安定確保の道が開けたことは、『十万石まんじゅう』作りの上で幸せなことでございました。
そして、その風味、特性を活かすため、毎朝一番出の職人の「つくね芋」のすりおろしから『十万石まんじゅう』作りは始まります。

新潟県産コシヒカリの粉

「薯蕷(じょうよ)饅頭」のもう一つの特徴は、米の粉を使うこと。小麦粉だけでの饅頭とはきめの細かさが違います。十万石では、日本一とうたわれる米「新潟県産コシヒカリ」のみを粉にして使用しています。
新潟県の特約の製粉所より使う分ずつ送られてきます。いつも挽きたて粉です。

このように『十万石まんじゅう』の原料は、長い経験と技術、そして厳しい選択の目をもって、こだわりの中で勝ち取って参ったものと自負いたしております。
「味を守る」と言うことは、同じことをするのではなく、同じ心、こだわりを持って切磋琢磨してお作りすることだということを、私たちは、改めて意を強くいたしております。

出典 株式会社十万石ふくさや公式サイト

住所:埼玉県行田市行田20-15
お問い合わせ:048-556-1285

口コミ

埼玉東部のソウルフードw

十万石のおまんじゅうは、埼玉のソウルフードというとたいていランクインしてくる名物ですねw
埼玉県の主として東部にお店が広く展開されており、一部では、
幼稚園や小学校のお祝いに紅白の十万石おまんじゅうが食べられるという地域もあるそうですw
こちらが本店とのことで寄ってみましたw
場所は、秩父鉄道行田市駅から南方に5分ほど歩いた位置ですw
のぼうの城で知られる忍城跡や行田市役所が面する埼玉県道128号線に面していますw
お店の裏側にPがいくつか用意されていますw
お店は、外観が蔵のような立派な作りですが、店内は今風の和菓子屋さん的ですw
商品は典型的な和菓子屋さん的なものもありますが、
オリジナルなお菓子がたくさんあり、ケーキも少数ありますw
地域の人のニーズを満たすために進化したんだろうと思われますw

いろいろ買ってみたいんですが、まずはぐっとこらえて、
十万石まんじゅう(120円外税)をイートインですw
消費税10%をお支払いして、店内の小さなイートインスペースでいただきますw
材料は、北海道十勝産あずき、ざらめ、国内産つくね芋(大和芋)、
新潟県産コシヒカリの粉とのことw
ふわっとして柔らかい感じの皮の中にこしあんが入っていますw
食べてまず頭に浮かぶのは・・・山芋(’’!
少しトロリとする食感と、山芋の風味が明瞭ですw
皮は柔らかくてはかない感じで空気多めですw
あんこは、密度高めのこしあんで、あんこの味はしっかりありますが、甘さは強くはありませんw
雑味の少ないいい味ですw
サイズ的には小さいので、ちょっと小腹を満たすによし、
物足りなければ、2~3個って感じでしょうw

ふつうのおまんじゅうとはやっぱり違いますねw
過去に食べたことは何回もありますが、改めておいしいですw
埼玉のソウルフードになるだけのことはありますねw

出典 食べログ


十万石まんじゅうを楽天市場で探す

十万石まんじゅうをアマゾンで探す

十万石まんじゅうをヤフーショッピングで探す

行田の足袋

行田の足袋の特徴

足袋蔵のまち行田

和装文化の足元を支え続ける
足袋蔵のまち行田

利根川、荒川の二大河川に挟まれ肥沃(ひよく)な大地を有する行田。
綿や藍が栽培され藍染の綿布製造が始まり、これを原料に足袋づくりが始まりました。

伝承によると、享保(きょうほう)年間(1716年から1735年)に 忍藩主が藩士の婦女子に足袋づくりを奨励したといわれています。
明治になりミシンが使われるようになると、足袋の生産量は増大。
忍商業銀行や行田電燈株式会社が設立され、資金と電力供給が安定し、ミシンの電動化が進みました。

以後、名実ともに行田の足袋は日本一に。
靴下が普及した今でも足袋の生産は続けられ、
新製品を国内外へ発信。「足袋と言えば行田」と親しまれています。

出典 GYODA TABI JAPAN公式サイト

通販でお取り寄せ出来る行田の足袋


行田の足袋を楽天市場で探す

行田の足袋をアマゾンで探す

行田の足袋をヤフーショッピングで探す

旧忍町信用組合店舗(VERT CAFÉ ヴェール カフェ)

旧忍町信用組合店舗(VERT CAFÉ ヴェール カフェ)の特徴

大正11年(1922年)建設の木造洋風銀行店舗です。

足袋商店主たちが出資して創業した地元金融機関の創業時の店舗で、足袋産業の発展を支えました。市内では数少ない洋風木造建築としても貴重な存在です。

現在は、行田の食材を使ったメニューを提供するVERT CAFÉ(ヴェールカフェ)として店舗を活用しています。

出典 行田市公式サイト

住所:行田市水城公園2305
お問い合わせ:048-556-4330

口コミ

池の畔に大正ロマン

大正11年、旧忍町信用組合の店舗として建てられた建物を移築して出来たこちらは
行田(ぎょうだ)市の指定有形文化財にもなっています。
洋風木造建築で下見坂コロニアル様式と言い、
外壁は建築当時の三種の緑色を復活させたそう。

こちらでは地元野菜を使った物が頂けます。

【ピタサンド(ゼリーフライ)】
【古代米カレー】【スープセット】
【食事セットドリンク】
【忍町コーヒーゼリー】

地元野菜を使ったピタサンドには行田のソウルフードであるゼリーフライを挟みます。
“ゼリーフライ” は、もちろんお菓子のゼリーを揚げた物ではありません。
小判型の形から「銭フライ」と呼ばれ、それが変化したものですが
その中身は ”おから” を素揚げした素朴な食べ物で、
昔、足袋作りの女工さんがおやつに食べていたそうです。

そう、行田はドラマ『陸王』でも題材になったように
足袋の街として有名なんですね。
そのためでしょう、靴を脱いで上がる店内では
従業員の方は足袋を履いて接客されています。

古代米カレーのご飯は古墳の形をしています。
行田には、国の特別史跡である古墳群があるんですよ。
こちらにも、地元の野菜が沢山使われています。

水城公園に佇む姿は異国のようでもあり
そんな建物の中は時が止まったかのよう。

休日に優雅な時間を過ごせました。
ご馳走さまでした。

出典 食べログ

カフェ 閑居

カフェ 閑居の特徴

昭和初期の邸宅を改装したカフェ閑居

行田市の初代市長・奥貫賢一氏の邸宅をご家族のご厚意によりお借りして改装しました。 静かな佇まいを楽しんでいただくカフェです。

出典 カフェ 閑居公式サイト

住所:埼玉県行田市行田7-3
お問い合わせ:048-556-2052

口コミ

行田初代市長の邸宅を改装した贅沢な空間

さる日の休日。母が昼飯食べに行くから車を出せというのでかねてよりBMしていたこちらの店を推薦した。
行田市駅近の市街地にあるこの店は、行田市初代市長奥貫幸一氏の邸宅を借りてカフェ用に改装しただけあって趣があり、正にカフェとしてはこれ以上なく最適だ。通りに面した駐車場に車を止め、店に入るとここを訪れたフォロワ―さんの文章を一部借りると、子供の頃通った診療所の趣があり懐かしさを覚えた。

店内は畳敷で掘りごたつ式のテーブルが10卓(それくらいだったはず)程、用意されており中々広々としている。
庭側が空いていたので庭園を眺めながら、早速メニューとにらめっこ。

この日は正月明けという事もあり、メニューが決まっているのでその中から私はグリーンカレー。母はサーモン手毬寿司を注文した。

グリーンカレー

ココナッツのマッタリさが口腔内に広がった後にじわじわと辛みが迫ってくる。美味い。
中身は鶏胸肉とあさりだったと思うが、胸肉とルーとの相性がいい感じで美味かった。

サラダもかぶとパブリカがピクルスだった為、いささかの不意打ちだったが、これがどうしてどうしてなかなかいい仕事をしている。

サーモンてまりすし。
ちょっと酢が強いように感じたが、サーモンのこってりさといい感じに融和して中々美味い。

蓮根のはさみ揚げは揚げ加減、蓮根の食感・ひき肉が三位一体となって美味い。

珈琲

酸味は感じず苦みは程ほど、若干甘みを感じる。

邸宅と庭の雰囲気込みというレビューが主だったので味にさほどの期待はしていなかったのだが、これなら文句はない。
相場より高いと言ってもここの雰囲気を味わながらいただく事を考えたら文句はないし、ティータイムに訪れたらマッタリ過ごせそうだ。

今度はティータイムにマッタリしてみたいものである。

出典 食べログ


”旬”をお届け!JAグループ、食のインターネットモール。

行田市のこと、もっと知りたい!

行田市の名所、イベント

日本航空館
天真山高源寺 – 佐間
五智山成就院 – 長野。行田救済菩薩十五霊場13番
壽光山成正寺 – 駒形
慈雲山福聚院真観寺 – 小見
小見真観寺古墳
虚空蔵山古墳
應珠山擁護院長久寺 – 桜町
天洲寺(聖德山天洲禪寺) – 荒木
藥王山東福寺 – 荒木
胎智山觀音院満願寺 – 野。行田救済菩薩十五霊場15番
さきたま火祭り(毎年5月4日)
浮き城まつり(7月下旬)

行田市出身、ゆかりの有名人

著名な出身者

政治・経済

湯本義憲(衆議院議員、岐阜県知事)
岡村新三郎(衆議院議員、熊谷町長)
小沢愛次郎(衆議院議員)
田島竹之助(貴族院議員)
小山健三(貴族院議員、三十四銀行頭取)
林頼三郎(司法大臣、大審院長、検事総長、貴族院議員、行田市名誉市民)
松岡秀夫(衆議院議員)
荒井八郎(参議院議員)
江利川毅(人事院総裁、内閣府事務次官、厚生労働事務次官)
橋本喜助(足袋商、行田電灯社長)
大澤龍次郎(大沢証券株式会社創業者、行田市名誉市民)
村上義之助(全国信用金庫連合会会長、埼玉縣信用金庫初代理事長、行田市名誉市民)
江草斧太郎(有斐閣創業者)

学術

小宮義孝(寄生虫学者、野口英世記念医学賞受賞)
田島英三(原子物理学、放射線物理学者)
西沢脩(会計学者)
宮川公男(経済学者、一橋大学名誉教授)

芸能

高松あい(女優)
根本要(音楽グループ「スターダストレビュー」メンバー、行田市観光大使)
春風亭柳城(落語家)
内田英輔(元お笑い芸人、元バッドナイス)
蓮見将啓(お笑い芸人、元ギャルズ)

文化

小川一真(写真家)
里見櫻風(書家)
濱梨花枝(歌人、作詞家)
細川貂々(漫画家、イラストレーター)
矢内理絵子(将棋女流棋士、行田市観光大使)
渥美大童 (書家、版画家)

スポーツ

五十幡亮汰(プロ野球選手)
猪爪義治(元プロ野球選手)
服部茂次(元プロ野球選手)
盧山初雄(空手家、極真館館長)
小島雅也(プロサッカー選手)
河原和寿(元プロサッカー選手)
江原弘泰(プロテニス選手)

その他

円澄(第2世天台座主)
成田長泰(忍城主)
成田氏長(忍城主)
成田長親(戦国武将)
甲斐姫(豊臣秀吉側室)
遠藤丈庵(壬生浪士組)
長島邦英(歴史ライター、元アナウンサー)
駒見直音(テレビ朝日アナウンサー)

ゆかりのある人物

鳥居みゆき – お笑い芸人。行田市観光大使。学生時代の数年間を行田で過ごした。
松平忠敬 – 武蔵国忍藩10万石最後の藩主。子爵。
松平忠寿 – 忍郷友会名誉会長。子爵。貴族院議員。
村田ひろゆき – 漫画家。『工業哀歌バレーボーイズ』作者。埼玉県立行田工業高等学校卒業。
安岡力也 – 俳優。当市育ち。
上昌広 – 行田総合病院非常勤内科医。特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長

出典 ウィキペディア

埼玉県のこと、もっと知りたい!

埼玉県各地の特徴と魅力

さいたま市
西区
北区
大宮区
見沼区
中央区
桜区
浦和区
南区
緑区
岩槻区
川越市
熊谷市
川口市
行田市
秩父市
所沢市
飯能市
加須市
本庄市
東松山市
春日部市
狭山市
羽生市
鴻巣市
深谷市
上尾市
草加市
越谷市
蕨市
戸田市
入間市
朝霞市
志木市
和光市
新座市
桶川市
久喜市
北本市
八潮市
富士見市
三郷市
蓮田市
坂戸市
幸手市
鶴ヶ島市
日高市
吉川市
ふじみ野市
白岡市
北足立郡
伊奈町
入間郡
三芳町
毛呂山町
越生町
比企郡
滑川町
嵐山町
小川町
川島町
吉見町
鳩山町
ときがわ町
秩父郡
横瀬町
皆野町
長瀞町
小鹿野町
東秩父村
児玉郡
美里町
神川町
上里町
大里郡
寄居町
南埼玉郡
宮代町
北葛飾郡
杉戸町
松伏町

埼玉県の食卓

埼玉県の郷土料理、家庭料理、ソウルフードの種類と特徴

埼玉県のお米

埼玉県産の銘柄米の種類と特徴

埼玉県の牛肉

埼玉県産の銘柄牛肉の種類と特徴

埼玉県の豚肉

埼玉県産の銘柄豚肉の種類と特徴

埼玉県の鶏肉

埼玉県産の銘柄鶏肉の種類と特徴

埼玉県のフルーツ、果物

埼玉県産のフルーツ、果物の種類と特徴

埼玉県のスイーツ、お菓子

埼玉県のスイーツ、お菓子の種類と特徴

埼玉県の日本酒、地酒

埼玉県の日本酒、地酒の種類と特徴

埼玉県の地ビール、クラフトビール

埼玉県の地ビール、クラフトビールの種類と特徴

埼玉県の食卓

埼玉県の郷土料理、家庭料理、ソウルフードの種類と特徴

埼玉県のお米

埼玉県産の銘柄米の種類と特徴

埼玉県の牛肉

埼玉県産の銘柄牛肉の種類と特徴

埼玉県の豚肉

埼玉県産の銘柄豚肉の種類と特徴

埼玉県の鶏肉

埼玉県産の銘柄鶏肉の種類と特徴

埼玉県のフルーツ、果物

埼玉県産のフルーツ、果物の種類と特徴

埼玉県のスイーツ、お菓子

埼玉県のスイーツ、お菓子の種類と特徴

埼玉県の日本酒、地酒

埼玉県の日本酒、地酒の種類と特徴

埼玉県の地ビール、クラフトビール

埼玉県の地ビール、クラフトビールの種類と特徴

タイトルとURLをコピーしました